J-POP JポップCDレビュー

□– REVIEW & REVUE –□


aiko アイコ
藍井エイル Eir Aoi
浅岡雄也 Yuuya Asaoka
朝倉さや Saya Asakura
アップ・ビート UP-BEAT
アップアップガールズ(仮)Up Up Girls kakkokari
絢香 Ayaka
新居昭乃 Akino Arai
アリ・プロジェクト ALI PROJECT
イ・ビョンホン Lee Byung-hun
石野真子 Mako Ishino
今井美樹 Imai Miki
岩佐美咲 Misaki Iwasa
岩田さゆり Sayuri Iwata
インディゴ the Indigo
インディゴ・ブルー indigo blue
上原多香子 Takako Uehara
エヴリ・リトル・シング Every Little Thing
EGOIST エゴイスト
大橋トリオ Ohashi Trio
大山百合香 Yurika Ohyama
岡崎律子 Ritsuko Okazaki
奥井雅美 Masami Okui
奥華子 Hanako Oku
乙女新党


GARNET CROW ガーネット・クロウ
カノン Kanon
川田まみ Mami Kawada
・ 北沢綾香 Ayaka Kitazawa
木村カエラ Kaela Kimura
ClariS クラリス
栗林みな実 Minami Kuribayashi
GLAY グレイ NEW!
欅坂46 Keyakizaka 46
元気ロケッツ GENKI ROCKETS
コキア Kokia
小松未歩 Miho Komatsu
小森まなみ Manami Komori


佐々木ゆう子 Yuko Sasaki
佐藤裕美 Hiromi Sato
沢井美空 Miku Sawai
椎名恵 Megumi Shiina
椎名林檎 Ringo Sheena
篠崎愛 Ai Shinozaki
下川みくに Mikuni Shimokawa
霜月はるか Haruka Shimotsuki
少女病 Shoujo Byou
Ceui セイ
Ceui ガブリエル・コード ~エデンへ導く光の楽譜~
青春!トロピカル丸 Seisyun Tropical-Maru
See-Saw シー・ソー
SHOWTA. ショウタ
ZAQ ザック


タイナカサチ Sachi Tainaka
高橋由美子 Yumiko Takahashi
谷村有美 Yumi Tnimura
Zwei ヅヴァイ


NANA(石田燿子) なな
9nine ナイン
仲間由紀恵 Yukie Nakama
中村中 Ataru Nakamura
長澤奈央 Nao Nagasawa
新妻聖子 Seiko Niizuma


パフィー PUFFY
久松史奈 Fumina Hisamatsu
藤澤ノリマサ Norimasa Fujisawa
藤谷美和子 Miwako Fujitani


麻枝准×やなぎなぎ Jun Maeda×Nagi Yanagi
松浦有希 Yuki Matsuura
松平健 Ken Matsudaira
松たか子 Takako Matsu
アヒルのワルツ マユミーヌ
三浦理恵子 Rieko Miura
三重野瞳 Hitomi Mieno
みみめめMIMI 迷宮センチメンタル
村下孝蔵 Kozo Murashita
メロキュア MELOCURE
ももいろクローバーZ Momoclo Z
森口博子 Hiroko Moriguchi

や・ら・わ
やなぎなぎ Yanaginagi
yuiko ゆいこ
裕木奈江 Nae Yuuki
遊女(ゆな) Yuna
夢みるアドレセンス Yumemiru Adolescence
米倉千尋 Chihiro Yonekura
Round Table Featuring Nino ラウンドテーブル・ニノ
Lia Key+Lia Best 2001-2010
LiSA リサ
和久井映見 Emi Wakui

Jポップ・・・。
考えてみればかなりアバウトな表現です。

音色だけ聞くとハードロックやパンクに聴こえる音楽でさえジャンル分けすると「Jポップ」に。
逆にそういう音楽を「ハードロック」なんて呼び方するとかなり違和感があったりするから不思議です。「B’z」をハードロックと表現する人があまりいないのと同じです。

でも聴く側にとっては先入観がなくて便利なのかもしれません。
「ハードロック」とか「パンク」なんて言われると尻込みしそうだけど、「Jポップだよ」って言われたら急に障壁が消えたような感覚になる・・・。ほんと言葉って不思議です。
でも、もしかしたら作り手、売り手がそこまで考えて普及させた言葉だったりして・・・。もしそうだとしたら、ちょっと拍手ものですね。

様々なメディアと融合して巨大化、細分化してきた日本の音楽。それさえ一言で片付けてしまう「Jポップ」という言葉・・・。
まさに「言葉の魔力」を感じる実に不思議な言葉です。


コメント

J-POP JポップCDレビュー — 11件のコメント

  1. はじめまして♪
    確かに!「JPOP」って便利な言葉ですね。
    妙に納得してしまいました。
    しかし・・すごいジャンルの幅が広いブログですね~。見ていて楽しいです。
    私はJPOPだと「榎本くるみ」にはまってます。昨日久々にCOCCOがテレビにでてましたが、オーラの強さは榎本くるみも負けてないくらい、アーティスト的な人です。
    (もうご存知でしたらすみません・・)
    また見にきま~す。

  2. はじめまして。コメントありがとうございました!
    ジャンル、確かに広いですね~(笑) R&BやHIP HOPはあまり聴きませんが、あとは何でも来いといった感じです。
    榎本くるみ&COCCO(コッコ?)は知りませんでした。その意味ではやっぱりジャンルは狭いかも・・・。Jポップもインディーズからどんどん出てくるので、その兆しについていけない感じです。
    榎本くるみ&COCCO、今度チェックしてみますね。komさん、またオススメなアーティストとか教えてくださいね♪

  3. ごまめさん、こんにちは☆
    特に榎本くるみはオススメですよー。
    ライブに行ったのですが、オーラに圧倒されました。(ライブ独特の雰囲気もありましたが)
    今月メジャーデビューするみたいですよ。
    機会があったら是非是非聴いてみてください^^

  4. >特に榎本くるみはオススメですよー。
    komさん、了解っす~。先ずは榎本くるみさんからいってみましょう!
    今月メジャーデビューですか。メジャーデビューといえば先月かな(?)デビューした絢香さんも今は大ブレイクしてますよね。新顔がどんどん出てきてワクワクです!

  5. はじめまして。
    ガーネットクロウのサウンドは大好きです♪
    なんだかとってもリラックスして聴けるんですよね。
    榎本くるみって、ロッキンオンジャパンにでてましたね。
    歌は聴いたことないんですが、期待の新人
    なんですね。
    今度聴いてみます!

  6. ガーネットクロウはほんとリラックスして聴けますよね。やっぱりヴォーカルの雰囲気でしょうかね。
    榎本くるみさんもブレイクの予感ですか~。Barksでビデオクリップが見れますね。女性らしい柔らかいメロディでグッド。「心のかたち」もいいけど、自分ならやっぱり「one of them」かな。自分も聴いてみたくなりましたよ。

  7. ガーネットクロウは、ボーカルの雰囲気にひかれますね。
    榎本くるみの試聴も聴いてみました。
    ボーカルがステキですね。
    こういう声を持った人っているんですね。
    私も気に入りました。

  8. 榎本くるみさん、気に入りましたか~♪
    Jポップも新人が続々デビューといった感じですね。流れが速すぎてついていけないですよ。CDとかもモニターとかあればいいのに・・・なんて思うこの頃です(笑)

  9. ピンバック: ClariS×アリス! 卒業アルバム『PARTY TIME』で憑物語!! | Melody Talk

  10. ピンバック: NORN9ノルン+ノネットのOPED曲(やなぎなぎ)が名曲すぎる! | Melody Talk

  11. ピンバック: みみめめMIMIに届く1stアルバム 迷宮センチメンタル!! | Melody Talk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。