イ・ビョンホンのCD、アルバム、歌声があった!

to me

「公式サイト : 韓国 / 日本
TEICHIKU ENTERTAINMENT」: 試聴

華のある役者というんだろうか・・・。日本で言えば滝沢秀明や東山紀之、あるいは日ハムの新庄剛志といったところ。イ・ビョンホン。冬ソナの次はこの人かな?。

アルバム「to me」はそんなイ・ビョンホンさんが歌うポップス集。「好きな人ができました」の甘い語りで始まり、しだいに愁いを帯びた彼独特の世界を創り出していきます。

俳優として聞く彼の声は元ジャニーズ「男闘呼組」の高橋和也さん。もちろん高橋和也さんの声も素敵ですがイ・ビョンホン本人の歌声もかなりセクシーです。こうして聴いてみると高橋和也さんの声とイ・ビョンホンさんの声は似ているのかもしれませんね。二人でユニット組んだら面白いかも・・・。

■to me
01. 好きな人ができました
02. Tears
03. こうして僕たち、こんなに離れているままで…
04. 異縁(イヨン)
05. Tears(Sound Ver.)
06. 許されない愛
07. 時々、僕たちは…
08. Tears II
09. Instrumental

03曲目「こうして僕たち、こんなに離れているままで…」はロマンティックな一曲。「君の姿や声は聞けたりもするけれど、君は僕の手の届かないところにいる・・・」の詩が印象的。切ないメロディーに響く甘い歌声がかなりヤバイです。男ながら惚れそうです。

本人自らが「最初で最後」と言うその歌声・・・。必聴です。

・・・

美しき日々 Beautiful Days
音楽業界を舞台に、4人の男女の恋模様を描くラブストーリー。イ・ビョンホンの役どころはレコード会社の御曹司です。最初クールだったミンチョル(イ・ビョンホン)の表情がだんだん優しく変わっていく辺りが見所な感じです。

イ・ビョンホン(イ・ミンチョル役)
チェ・ジウ(キム・ヨンス役)
リュ・シウォン(イ・ソンジェ役)
イ・ジョンヒョン(キム・セナ役)

メインキャストはイ・ビョンホン演じるミンチョルの他、異母弟のソンジェ、児童施設で兄弟のように育ったヨンスとセナの4人。中でもやっぱりイ・ビョンホンの存在が光っています。
ここまで二枚目に徹してる設定は日本ではありえない感じですが、逆に今放送中の義経(滝沢秀明)のほうがその辺りに物足りなさを感じてしまいます。義経ももっと二枚目な演出にすればいいのに・・・なんてね。

冬のソナタは見てませんが友人曰く「ストーリー展開はこっちかも」とのこと。
確かにドラマティックなストーリーはちょっと新鮮な感じで、お国柄なのかとても純愛なドラマです。思わず「少女マンガじゃん」って言葉が喉まで出かかりましたよ(危なかった・・・)。

オールイン 運命の愛
カジノを舞台に4人の男女が織り成す愛と闘いのドラマといったところ。
ラブストーリーであると同時にサクセスストーリーの要素もあって、イ・ビョンホン演じるキム・イナの恋と出世の行方が見所です。

イ・ビョンホン(キム・イナ役)
ソン・ヘギョ(ミン・スヨン役)
チソン(チェ・ジョンウォン役)
パク・ソルミ(ソ・ジニ役)

その根底に「愛だけは変わらない」というテーマが見え隠れするドラマ。のっけから衝撃のシーンで視聴者を驚かせますが、そこはストーリーメーカーの韓国ドラマ。中盤にその意味を知ることになります。
数々の不運、困難、障害に遭いながらもミン・スヨン(ソン・ヘギョ)への愛は変わらない・・・。ミン・スヨンとの「約束」が絡むラストシーンが見ものです。脚本はやはり韓国ですね。

韓流ブームに乗ってみる・・・。

Melody Selection ベストセラーランキング
イ・ビョンホン写真集「Limited」
韓コマ!!:イ・ビョンホンのWooriCard・韓国CM


コメント

イ・ビョンホンのCD、アルバム、歌声があった! — 5件のコメント

  1. 韓流ブームに乗りきれない・・・っていうか
    どっぷりひたりきってしまう自分が怖くって
    冬のソナタも見ないまま来たのに・・・
    このところ「チャングムの誓い」にはまりつつある
    ごまめさん ご存知ですか?
    宮廷料理人の頂点を目指す知的なヒロイン
    分かりやすいストーリー
    単純なドラマ展開だと分かっていてもみてしまう
    そんな韓国ドラマづくりは「冬のソナタ」も「美しき日々」も同じだったりして・・・・
    二枚目に徹した役って この頃の日本ドラマには少ないのかしら??

  2. 「チャングムの誓い」は見たことないです。でも宮廷料理人を目指すという辺りが面白そうですね。
    韓国の脚本はほんと分かりやすいです。それに視聴率やファンの感想でシナリオが変わることがあるらしいですよ。
    日本の二枚目ってどうなんでしょ?今だったらやっぱり義経かな。いや弁慶って声も。

  3. 美しい夜、残酷な朝

    「美しい夜、残酷な朝」という映画の完成披露試写会に行ってきた。
    女優の長谷川京子さんと三池崇史監督の舞台挨拶があるってんで、遠い府中まで足を運んだ。 試写…

  4. イ・ビョンホン米国最大のブローカー会社と専属契約?

    と、いうニュースが本日付けで入って来てます。 以下、自動翻訳によるものなのでややわかりにくいですが、だいたいの意味はおわかり頂けると思います 李炳憲はと米国CAAブローカー会社は調印してもっぱら契約に属する(専属契約という意味だと思います) 聯合通信のロサン…..

  5. ピンバック: J-POP Jポップ レビュー | Melody Talk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。