Ceuiの4thアルバム「ガブリエル・コード」は君の歌声、物語!

 

ゲームやアニメのタイアップ曲でよく目にする女性シンガーソングライター「Ceui(セイ)」。ドラマティックなメロディと透明な歌声が特徴的で、ED曲を歌わせたら右に出る者はいないんじゃないかと思うぐらい、とても切なく雰囲気のある歌を聴かせてくれる。

4作目となるアルバム「ガブリエル・コード ~エデンへ導く光の楽譜~」は、Ceui初のオリジナルアルバム。声優のアルバムなどはタイアップ曲でなくなった途端、急に楽曲の質が落ちたりするが、彼女の場合はむしろさらにファンタジーが増している感じ。とても良いメロディ、歌声を聴かせてくれている。

ハイライトはアルバムの後半部分。前半のオリエンタルでアップビートな曲も良いが、やはり彼女の魅力は後半のバラード部分に凝縮している感じ。優しいお姉さんが、甘い歌声でそっと歌ってくれている・・・。そんな感じだ。

■ガブリエル・コード ~エデンへ導く光の楽譜~(iTunesで聴く場合は「編集」→「Apple Musicの機能を表示」のチェックを外す)
01. ガブリエル・コード
02. レボリュシオン
03. 全知全能シャングリラ
04. 君だけの素敵なタラント 試聴 Apple & iTunes
05. Interlude ~少女の祈り~
06. Knight Of Gold 試聴 Apple & iTunes
07. ミファソラシでキスしよう
08. ステラの降る夜、君の歌声。
09. 砂漠のサンタマリア
10. 奏愛カレンデュラ 試聴 Apple & iTunes
11. 人魚姫と王子の物語

「君だけの素敵なタラント」、「Knight Of Gold」は疾走感のあるアップビートな楽曲。そして、続く「ミファソラシでキスしよう」からとてもキャッチーな楽曲、スマッシュヒットなバラードが続く。「奏愛カレンデュラ」では彼女の優しいお姉さんボイスも全開。とても良い楽曲、歌声だ。

Ceuiを知ったのは「sola」という作品から。「mellow melody」。「敏感な風景」。その雨空を見ているような雰囲気、切ない歌声は、かなり衝撃を受けた。悲劇、運命、さだめ・・・。そんな歌がとても似合う女性だ。

Home > J-Pop > Ceui


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。