ウロボロス コロナを滅するアスクレピオスの音色!

日本のヘビメタバンド、コンチェルト・ムーン(Concerto Moon)のベストアルバム「ウロボロス (OUROBOROS)」。全曲録り直しのリレーコディングアルバムで、初期の曲も新ボーカルの華麗な歌声と共に分厚い音色で蘇っている。

ウロボロス。神話の蛇。ヘビメタ自体、そういう神話的なもの、フェニキアかギリシャか・・・といった世界をイメージさせる音が多いけれど、コンチェルト・ムーンもそういう異世界的な音色、メロディで満たされている。コロナで閉塞的な気持ちになりがちな今こそ、そんな暗い気持ちを打ち破ってくれる・・・。そんな音楽だ。

1.Change My Heart
2.Dream Chaser
3.Surrender 試聴 YouTube (2nd A ver.)
4.Holy Child
5.Alone in Paradise
6.Fight to the Death
7.Run to the Sky 試聴 YouTube (1st A ver.)
8.From Father to Son
9.Into the Fire
10.It’s Not Over
11.Take You to the Moon
12.Concerto Moon (Bonus track)

コンチェルト・ムーンはギタリストの島紀史を中心に結成されたバンド。これから聴く人にはベストアルバムから聴くのががおすすめ。ジャケットに描かれるウロボロス、蛇は、昔から医療・医術の象徴でもある。新型コロナウイルスを退散するアスクレピオスの杖のごとく、バンドは今後もパワフルに走り続けることだろう。

Home > ハードロック > Concerto Moon

新型コロナウイルスの感染予防は何がいい?

新型コロナウイルスの東京の感染者が2,000人を超え、いよいよ感染が現実味を帯びてきた・・・。自分も感染予防に色々な対策をしているけど、今日、通院している大学病院の医師(血液・リウマチ・感染症内科)に少し突っ込んで聞いてみた。

先生も同じような質問を何度も受けているだろう。少し迷惑そうな空気の中、自分が実践していることに意味があるのかどうか、何が一番の感染対策になるのか等、短い間だったけれど聞いてみた。

まず、自分が実践してる感染対策について。自分は免疫を上げると言われているサプリのビタミンD(チョコラAD)を飲んでいること、同じく免疫を上げると評判のヨーグルト、R1を朝食に食べていることを言ってみた。

すると、その先生(女性の医師なのだけれども)、少し笑いながら「ああ」と一言。「いいと思いますよ」とは言ってもらえたけれど、ニュアンス的にはあまり重要かつ有効な感染予防ではない様子。

「やはり手洗いとうがいですか?」と聞くと、それとは別に「寒くならないように暖かくして」とも。この時期、新型コロナウイルスにしろ風邪にしろ、寒さ、体温が下がることが一番良くないらしい。

つまり、冬に感染が広がるのは、新型コロナウイルスに都合のいい季節であるだけでなく、人間の免疫力にとっては逆に都合の悪い季節らしい。

人混みを避け、手洗いうがいをし、体温を下げない。

簡単なことだけれど、これしかないということだろう。風邪にかからないように昔から実践されてきたことが、つまりは新型コロナウイルスの感染予防になるわけだ。

というわけで、懲りない自分は体温を下げない、体を暖かくするために、食事にしょうがも積極的に取り入れることにした。考えてみれば、しょうがも昔から寒さ対策、風邪対策に使われてきた食材だ。風邪に効くなら、新型コロナウイルスにも効くことだろう。たぶん・・・。おそらくね。

□□□
新型コロナウイルス 感染者数やNHK最新ニュース|NHK特設サイト

コロナ禍に聴く音楽は爽快なロックが相性いい

新型コロナウイルスで忙しいのは医療機関や役所だろうけど、我々民間の一般人だって戦っている。感染対策の名の下に二度手間、三度手間だっていとわない・・・。そんな理不尽さと戦う時、憂鬱な気分を盛り上げてくれるのが爽快なロックだ。

ジャーニー、ナイト・レンジャー、ホワイトスネイク。ロック界では名の知れたバンドにいた手練れによって結成されたバンド『Revolution Saints』。ハードロックらしいカッコイイ歌、ギターに、センチメンタルなメロディが加わった実に聴き応えのあるバンドだ。

どんな曲、メロディが心地良いかは人それぞれだろうけど、自分は断然ロック。詩よりメロディ。キャッチーな良いメロディであることが第一条件。その条件を満たしてくれるが『Revolution Saints』。貴重なバンドだ。

このアルバムは3rdアルバム。過去2枚と同様、程よいハードさと良質なメロディがうまく同居している。音楽は人気と中身が比例することが少ないけれど、ロックのジャンルも経験を積んだ人間の作る音楽は聴いてて味がある。日本でもGRAYやLUNA SEA、サザンオールスターズなどはちょっと他にはないメロディだし。

コロナ禍はまだまだ続きそう・・・。新型コロナウイルスに支払う対価、犠牲は、人類にとってどんな価値になるのだろう・・・。

Home > ハードロック > Revolution Saints

巨人の弱さは変化球信奉のセ・リーグの弱さそのもの

ソフトバンクと巨人の日本シリーズ2020。巨人は4番岡本の成長に円熟期を迎えた坂本、丸が揃い、打撃陣ではソフトバンクに引けは取らないと思っていた。

ところが、蓋を開けてみればなんてことはない。彼らの強さは、セ・リーグという狭い世界の中だけの話であった・・・。

ソフトバンクのピッチャー、千賀、石川、ムーアの投げるストレートを巨人のバッターは前に打ち返せない。ホームラン30本を誇る岡本もストレートに振り遅れる。坂本も丸もストレートを打ち返せない。それを知ってか、千賀も石川もムーアも、勝負球にストレートを投げ込んでくる。これが同じプロの選手かと思うぐらいに力の差を感じた。

日本シリーズの惨状を機に、メディアもファンもここぞとばかりに巨人叩きを始めた。しかし、これはなにも巨人の弱さだけの話では無い。セの他の球団も、その巨人に大差を付けられて敗れているのだから。そして、それはパの他球団も同じ。ロッテ以下、全てのチームが今年のソフトバンクには14ゲーム以上もの差を開けられている。いわば、ソフトバンクだけが異次元の強さを見せている。

前々から言われ続けていることも気になる。それは、セ・リーグが変化球の野球で、パ・リーグが直球勝負の野球という点。それは巨人の菅野のピッチングがいい例。セ・リーグではトップクラスのストレートの強さを持っているにも関わらず、シーズン通して重要な局面、勝負所では変化球を選択する。千賀や石川、ムーアのように初球からストレートで押すようなピッチングはしない。それはセのピッチャー全体に言えること。ストレートを小気味よく投げ込むピッチャーはほとんどいない。

日本シリーズで巨人があのような醜態を晒した理由がまさにそれ。シーズン中から逃げるボールを追い、変化球に空振りしないよう対応しているから、いざ真っ向勝負をされると面食らう。普段から変化球にばかり対応しているからスイングにも力強さが無い。ボールを叩き潰すような力強さ、スイングスピードが無い。日本シリーズの結果は、言わば必然の結果とも言える。

巨人、そしてセ・リーグは、もはや自分の野球を変える時期に来ていると思う。世界に目を向ければ、パ・リーグだけでなく、韓国、メジャーリーグも、何れもパワーベースボールが主流。投手はよりスピードボールを求められ、打者はそれに打ち勝つ強いスイングを求められる。セ・リーグの野球はもはや時代遅れの感が否めない。自ら変革の道を選ばなければ、パ・リーグやメジャー、世界との差はますます開いていくことだろう。

コロナ禍のレジャーはお寺、神社参拝で御朱印集め!?

新型コロナウイルス以降、確実に遊びに行く場所が変わった・・・。今まではいわゆる雑誌やテレビでよく取り上げられる新スポット、商業施設に行くことが多かった。でも、コロナ禍となった今は「屋内&人混み」では息苦しくなるように・・・。

そんな時に人に勧められて始めたのが、お寺への参拝。そして、御朱印集め。

勧めてくれた人はお寺も神社も混ぜこぜらしいが、自分はお寺のみ。自分にとってはお寺のほうが馴染みがあり、仏教、仏像にも昔から興味があった。

お寺への参拝は気持ちが良い。なにより、外をこれでもかというぐらい歩く。天気のいい日に太陽の日差しを浴びながら歩く。実に気持ちいい。夏は汗だくで死ぬ思いだけれど。また、お寺のある場所は大抵、緑もある。自然がある。山登りは一般人には大変だけれども、お寺や神社への参拝なら服装も気にせず気軽に行ける。

お寺の参道には商店街があることも多い。いつもはスーパーやデパ地下で済ます買い物も、商店街でするととても新鮮で楽しい。歴史を感じる喫茶店で休憩するのも街のコーヒーチェーンで休むのとは全然違う。

江戸時代に神社、お寺への参拝が一大レジャーとなっていたのも頷ける。今も昔も、人の感じる楽しさは変わらないのかも・・・。

曹洞宗大本山総持寺の御朱印

ご御朱印集めも楽しい。日本人ながら、達筆な筆の文字を見ると思わずため息。感動してしまう。御朱印は本来は写経や読経をした証として貰うものらしいが、今はきちんと参拝さえすれば貰える。

お寺によってはご住職や僧侶の方と少しお話ができたり、お供え用のお線香や供物をいただけたりと様々。自分は今回の件で、恥ずかしながら自分の家の宗派を初めて知ることができた。世の中いろいろな世界があるけれど、自分はこちらのほうは全くの全然で、今回のコロナ禍で色々なことを知ることが出来た。

ちなみに、御朱印帳は今はとても可愛いデザインのものがある。これから御朱印集めをしようと思っている人はネットなどで探してから始めたほうがいいかも。自分は中華街にある岩座(いわくら)というお店で買ったとても可愛い御朱印帳。他にも和な雑貨が揃っているので、近くの人は覗いてみるといいかもしれない。

アイドル×キャラソンなアイドル 純情のアフィリア

テレビアニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」のエンディングテーマ曲で知ったアイドルグループ。このED曲の破壊力が凄まじかった。その当時、AKB48や乃木坂46といったアイドルグループとは明らかに違うアニメ、声優寄り。歌い方は完全にキャラソンで、一般のアイドルグループよりも、より一層アイドルし尽してる感じだった。

このグループ。改名が激しく、アフィリア・サーガ・イースト → アフィリア・サーガ → 純情のアフィリア へと改名している。このアルバムはちょうどフィリア・サーガへと改名した頃のアルバムで、志倉千代丸、桃井はるこのプロデュースのためか、アニメ、ゲームの主題歌に抜擢された曲も多い。とにかくキャッチーで声優でキャラソンなメロディ、歌声が詰まっている。キャッチーな曲からバラードまで名曲揃い。いいアルバムだ。

01.ヴィーナスと蒼き七つの海
02.Spark In My Heart~世界が終わるとしても~
03.S・M・L☆ (俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している OP)
04.ミライボタン 試聴 YouTube Music
05.マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー
06.ネプテューヌ☆サガして (超次元ゲイム ネプテューヌ ED)
07.BitterSweet 試聴 YouTube Music
08.ジャポネスク×ロマネスク
09.セピア
10.zero
11.Never say Never (ISUCA-イスカ- OP)
12.女神さまのポイントカード
13.NEXT STAGE!
14.ハツコイ///ストライプ
15.転校ガール

このアイドル・グループ。何故かCDなどの音源ではボーカル、コーラスが弱め。もう少し歌声をシャープにコントラスト付けて録音してくれればいいのに・・・って感じ。メロディ良いわりに肝心のボーカルが少しぼやけている点が惜しい。残念だ。

Home > J-Pop > アフィリア・サーガ

幻影異聞録#FEのキャラソンで気分転換!

 

任天堂Wii U用ロールプレイングゲーム『幻影異聞録#FE』のキャラクターソング。水瀬いのり、南條愛乃、佐倉綾音、福原香織、諸星すみれ、細谷佳正など、人気声優陣による全18曲のボリューム。聴き応えのあるベストアルバムとなっている。

後半、細谷佳正が歌う「Under the moon』」あたりからがハイライト。諸星すみれの歌う「幻じゃない世界」、水瀬いのり「Fly~君という風~」と、何れもしっとりと聴き心地のいいメロディが続く。

01. Reincarnation Kiria(CV.南條愛乃)
02. Feel 織部つばさ(CV.水瀬いのり)
03. BLACK RAIN 剣弥代(CV.細谷佳正)
04.Beastie Game TIKi(CV.諸星すみれ)
05. 雨音のメモリー 源まもり(CV.福原香織)
06. 友達以上、恋人未満。 織部つばさ(CV.水瀬いのり)
07. 迷路 Kiria(CV.南條愛乃)
08. Give me!! Kiria×織部つばさ(CV.南條愛乃 / 水瀬いのり)
09. 君と僕との距離 Emotional KEY(CV.奈波果林 / 若月星夏 / 中澤みな)
10. ディア☆マジョ! Sweet モブ山モブ代(CV.関谷真由)
11. トンネルをくぐりぬけたら 源まもり(CV.福原香織)
12. ジャンプ! 凰牙! ! ! 赤城斗馬(CV.小野友樹)
13. ドリーム☆キャッチャー 織部つばさ×弓弦エレオノーラ(CV.水瀬いのり 佐倉綾音)
14. Under the moon 剣弥代(CV.細谷佳正) 試聴 YouTube
15. 幻じゃない世界 TIKi(CV.諸星すみれ) 試聴 Youtube
16. Fly~君という風~ 織部つばさ(CV.水瀬いのり) 試聴 Youtube
17. ファイアーエムブレム~光の戯曲~ 蒼井樹&FORTUNA ALL STARS(CV.木村良平 小野友樹 小清水亜美 佐倉綾音 中村悠一 南條愛乃 福原香織 細谷佳正 水瀬いのり 諸星すみれ)
18. Smile Smile 蒼井樹&FORTUNA ALL STARS(CV.木村良平 小野友樹 小清水亜美 佐倉綾音 中村悠一 南條愛乃 福原香織 細谷佳正 水瀬いのり 諸星すみれ)

芸能、歌がテーマのゲームだけにキャラクターソングも充実。全体的にキャッチーなメロディが多く、聴いていてハッピーな感じ。コロナ禍の今にはぴったりなアルバムかもしれない。

Home > アニソン キャラソン > 幻影異聞録

新型コロナウイルス禍でもお盆は墓参りとお経を

新型コロナウイルスの影響で葬儀や法要も縮小しているのだとか・・・。仏事は故人の供養というよりは、故人に縁のある縁者が集い、故人を偲ぶためにある・・・と聞いたことがある。とはいえ、やはり形式的であったにしろ、お経をあげて線香をして・・・というのが、やはり身に沁みついている。無宗教の人や菩提寺を持たない人でも、なんとなくそうありたいと思っている人も多いんじゃないだろうか。

最近は遠方で葬儀に参列できない人のために、その模様を動画で撮影して送るということもあるらしい。いかにも現代らしい話だけど、昔にそんな技術があったら、お寺やお坊さんは大いに活用してたかもしれない。

CDに収録したお経に効力があるのかは分からない。でも、このCDは池上本門寺の僧侶が読経し、池上本門寺が校閲、協賛している。その意味では全く意味が無いとは言えないだろう。

CDは経典付き。日蓮宗以外でも各宗派揃っている。コロナ禍でもお経を、と思っている人にはいいかもしれない。仏事は結局のところ、故人を偲ぶ気持ちがなにより一番大切なのだから。

LUNA SEAの悲壮美な歌声とメロディに酔しれる…

 

新型コロナウイルスの自粛期間中に音楽を聴くことが多くなり、その期間によく聴いていた一枚。シリアスな心境、時期には必然とドラマティックな音楽に惹かれるのだろうか。自分の場合はガンダム THE ORIGIN のOPで聴いた『悲壮美』が無性に聴きたくなった。

LUNA SEAは特に好きでもなければ嫌いでも無かった。ただボーカルの歌声が特徴的過ぎるのか、周りでは好き嫌いがはっきりしていて、傍から見てて「まあ確かにそうかもな」といった感じだった。ところが、いざ自分がNHKで見たガンダムの映像美に酔いしれ、そのエンディングに流れた『悲壮美』を聴くや、たちまちそのメロディの美しさ、歌声の悲壮さに圧倒されてしまった。

LUNA SEA「悲壮美」MV(ショートVer.) 試聴 YouTube

01. LUCA
02. PHILIA (MMORPG ETERNAL(エターナル) 主題歌)
03. Closer
04. THE BEYOND (機動戦士ガンダム40周年プロジェクト 記念テーマ曲)
05. You’re knocking at my door
06. 宇宙の詩 ~Higher and Higher~ (ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 OP)
07. anagram
08. 悲壮美 (機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 OP2)
09. Pulse
10. 静寂
11. so tender…

NHKで放送していたガンダム THE ORIGIN を見ていない人にとっては響かないかもしれないが、あの映像美を見て、主人公のシャアのドラマを知った人にとっては、かなり響いたはず・・・。とにかくストーリーと合う・・・。歌詞の「さよなら」はまさにシャアの心境、台詞みたい。悲劇的だ。

アルバム自体ものっけからドラマティックで悲壮感あるメロディ、歌声。もともとこういうメロディに合う歌声なんだろうけど、今さらながら河村隆一の歌声の破壊力に驚かされた。

日本の新型コロナウイルス対策は自粛=国民任せ!?

新型コロナウイルスがパンデミック、世界中で流行している。中国やイタリア、アメリカなどへ感染が爆発的に広がるにつれ、先進国を初めとした諸外国は国民に外出制限を課すなど厳しい対策をとっている。

しかし、日本政府、安倍総理は国民に外出制限を命じていない。自粛としてお願いをしているだけだ。自粛として、国民に判断を委ねているだけだ。つまり、外出するのかしないのか、感染する危険を犯すのか犯さないのか、これを「自分で決めろ」と言ってるのと同じことだ。もっと端的に言えば、「自分の命は自分で守れ」と言うことだ。

これは国家として国民の命を守るという義務を放棄しているのでは? 国民の命を軽視してるのでは?

日本政府は中国、イタリア、アメリカの新型コロナウイルスによる惨状を目にしている。対策には強力な外出制限が必須な事も理解している。しかも、この数ヶ月は十分対策を立てる時間があった。なのに、安倍総理は日本で諸外国並みの外出制限が出来るように準備していない。必要な法改正などもしていない。自粛では防げなくなった時、果たしてどうする気なのか? またバカの一つ覚えのように自粛を国民に要請するのか?

日本の新型コロナウイルス対策は他の先進国の比べ、かなり見劣りする。安倍総理も発信力が無く弱々しい。諸外国の首相、大統領のようなリーダーシップも無い。運の悪いことに、日本は今、国の危機を任すには一番向かない人間がトップに立ってしまっている。

日本人は自分の意見を言えない、自分で考えられないなどと揶揄される。それは遠からず間違ってはいない。他人任せで、臭いものには蓋をして見て見ぬふりするところがある。新型コロナウイルスに対しても、どこか他人事。他人任せ。誰かがなんとかしてくれると思っている。日本人の非常識さが顕在化している。日本政府、国家ですら、危機に直面しても国民任せになってしまっているのだから。

これは、普段から政治に目を向けないツケなのか?