トワイニングならアールグレイ 黄色の紅茶缶も素敵!

トワイニングと言えばアールグレイ。アールグレイと言えば黄色い紅茶缶。黄色い紅茶缶と言えばトワイニング・・・な感じ。

英国紅茶の名門「トワイニング」。1706年、創始者のトーマス・トワイニングがロンドンにあった小さなコーヒーハウスを買い取ったのがはじまりです。

18世紀初頭は東インド会社が珍しいコーヒー・紅茶を輸入していた時期で、イギリスではそれらを飲めるコーヒーハウスが大変人気でした。トーマスは買い取ったコーヒーハウスをいち早く紅茶専門店へとシフト、トワイニング社の前身である「ゴールデンライオン」をオープンさせるのでした。

トワイニングと言えば片岡物産が輸入・販売を行っていることでも有名。日本ではもはやポピュラーな紅茶ブランドとなっていますが、実はイギリスでは王室御用達のとても由緒正しき紅茶だったりします。1837年にはビクトリア女王がいち早くトワイニングを王室御用達に指名、現在もエリザベス女王やチャールズ皇太子から御用達を賜っている紅茶なのです。

人気の紅茶はなんといっても「アールグレイ」。爽やかな黄色い紅茶缶(最高級は黒缶)が印象的で、ベルガモット(柑橘類の果実)のエキゾチックな香りがとても魅力的です。

アールグレイといえばどんな紅茶メーカーにも必ずラインナップされていますが、その「アールグレイの元祖」ともいえるのがトワイニングです。そう、つまりトーマス・トワイニングが発案、ブレンドしなければ今日我々はアールグレイを飲むことができなかったという訳です(ちなみに名前の由来は当時の首相「アール・グレイ伯爵」から)。

もしアールグレイの紅茶を買うなら、トワイニングのアールグレイが一番いいかも。おすすめです。

最近、クリアブルーの紅茶缶の「レディグレイ」という紅茶も発売されました。伝統のアール・グレイにオレンジピールや矢車菊の花を加えた柑橘系の香りです。伝統のアールグレイも現代に入ってバージョンアップといったところでしょうか。こちらもなかなか人気なようです。

トワイニング、いづれの紅茶も「最上級」の名を冠したシュープリームブレンド(黒缶)がラインナップされています。自分的には黄色やブルーの紅茶缶のほうがお気に入りですが、茶葉にこだわる方にはこちらがおすすめかもしれません。

イギリスで最も古く、伝統のある紅茶「トワイニング」。侮れません。

□□□
トワイニング紅茶<Twinings Tea Time>
我が家のお気に入り紅茶はトワイニングの「レディグレイ」

【紅茶関連リンク】
ハロッズ Harrods
エディアール HEDIARD
マリアージュ フレール MARIAGE FRERES
フォション FAUCHON
フォートナム・アンド・メイソン Fortnum & Mason

アーマッド AHMAD TEA
ウィッタード Whittard
ティーパレス Tea Palace
ニナス NINA’S
シンガンパティ Singanpattie

Home > 紅茶・コーヒー > トワイニング


コメント

トワイニングならアールグレイ 黄色の紅茶缶も素敵! — 2件のコメント

  1. アールグレイはトワイニングが飲みやすいですよね。
    いつだったかフォートナム&メイソンのアールグレイを買って、あまりのくせの強さに困ってしまい飲みきれなかったことがありました。
    もちろんレディーグレイもいただいてます。
    オレンジの香りが爽やかでコチラも大好き。
    秋の夜長に 紅茶でもいただきたくなりました。

  2. チェルシーさん、こんばんは!
    ブログの方、お留守だったのでちょっと心配しておりました。でも復活なされたご様子、なによりです。
    ブログも更新が負担になると楽しみが半減してしまいます。自分もマイペースでやっていこうと思っています。
    トワイニング、結構リーズナブルですし自分的には最も好きな紅茶だったりします。他は茶葉をケチってますが、トワイニングに関しては結構贅沢に使ってます。また名前もいいですよね。レディーグレイなんて特に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。