オールディーズ おすすめCDレビュー!

□– REVIEW & REVUE –□


エヴァリー・ブラザーズ The Everly Brothers
エディ・コクラン Eddie Cochran
エルヴィス・プレスリー Elvis Presley


カール・パーキンス Carl Perkins


ジーン・ヴィンセント Gene Vincent
ジェリー・リー・ルイス Jerry Lee Lewis
ジャニス・マーティン Janis Martin
ジョニー・キャッシュ Johnny Cash
ジョニー・シンバル Johnny Cymbal new
ジョニー・バーネット Johnny Burnette


ダニー&ジュニアーズ DANNY & THE JUNIORS
チャーリー・リッチ Charlie Rich
チャック・ベリー Chuck Berry
デイル・ホーキンス Dale Hawkins
デュアン・エディ Duane Eddy


バーノン・テイラー Vernon Taylor
バディ・ホリー Buddy Holly
パティ・ペイジ Patti Page
バリー・マン Barry Mann
ビッグ・ボッパー Big Bopper
ビリー・リー・ライリー Billy Lee Riley
ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ Bill Haley & His Comets
ファッツ・ドミノ Fats Domino
フランク・シナトラ Frank Sinatra
ボ・ディドリー Bo Diddley
ポール・アンカ Paul Anka


マーティー・ロビンス Marty Robbins


ラリー・ウィリアムズ Larry Williams
リッチー・ヴァレンス Ritchie Valens
リトル・リチャード Little Richard
ロイ・オービソン Roy Orbison


ワンダ・ジャクソン Wanda Jackson

ROCK ‘N’ ROLLって言葉が一番しっくりくるのがこの時代の音楽です。

シンプル&一発録りの臨場感! 

ロックはやはりライブな感じがあるほうがいいです。
突然現れて短期間で消えていった音楽。まさに流行り病のように世界中が熱狂しました。
自分は今頃感染してしまったようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。