ジャニス・マーティン Janis Martin

The Female Elvis: Complete Recordings 1956-60

ジャニス・マーティンはかつて「女エルヴィス」と言われたロカビリアン。1950年代半ばから60年代にかけて活躍し、「Drugstore Rock ‘n’ Roll」や「My Boy Elvis」等、お馴染みのヒット曲を数多く生み出しました。女性ロッカーの草分け的存在です。

その音色はダンスホールに流れてきそうな軽快で楽しいサウンド。ヴォーカルもそれに呼応するように楽しげにダンス、まさに「Bang Bang!」といった感じでステップしています。

■The Female Elvis: Complete Recordings 1955-60
01. Drugstore Rock’n Roll
02. Will You, Willyum
03. Love and Kisses
04. My Boy Elvis 試聴 iTunes
05. Cracker Jack
06. Bang Bang
07. Ooby Dooby
08. Barefoot Baby
09. Good Love
10. Little Bit
11. Two Long Years
12. All Right, Baby
13. Billy Boy, My Billy Boy
14. Let’s Elope Baby 試聴iTunes
15. Love Me, Love
16. Love Me to Pieces
17. William
18. Here Today and Gone Tomorrow
19. Teen Street
20. Hard Times Ahead
21. Cry Guitar
22. Just Squeeze Me (But Don’t Tease Me)
23. One More Year to Go
24. Blues Keep Calling
25. Please Be My Love
26. I Don’t Hurt Anymore
27. Half Loved
28. My Confession
29. I’ll Never Be Free
30. Love Me, Love

01曲目「Drugstore Rock’n Roll」は10分で書き上げたというジャニスの代表曲。当時アメリカでは、ジュークボックスのある「ドラッグストア」が若者の集まる場所だったようです。

14曲目「Let’s Elope Baby」が何気にお気に入り。ホンキートンクなロックンロールといったサウンドて、長年ロカビリーを聴いてきた人にとっては一番耳に馴染むんじゃない(?)といった音色。ピアノのリズムがいい感じです。

このアルバムはドイツのベアファミリー・レコードが放つボリューム満点のベスト盤です。このレーベルは「オールディーズの復刻」を使命としているだけに、とても充実した内容となっています。

Melody Selection ベストセラーランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。