ブリル・ビルディングの雄、バリー・マンのドリーミンな調べ…

フー・プット・ザ・ボンプ~コンプリートABCレコーディングス

ソングライターとして再評価されつつあるバリー・マンのデビューCD。バリー・マンは作曲家としても有名で、ライチャス・ブラザースやドリフターズ、ママ・キャス提供の有名曲でも知られています。

いわゆる、ブリル・ビルディング・メロディーの代表格とも呼ばれる彼。1960年代当時、ブロードウェイ1619番地にあったレコード会社によって、アメリカのティーンエイジャー向けに甘くドリーミンなポップソングが次々と生み出されていました。バリーマンもそんな作曲家の1人で、後に妻となるシンシア・ウェイルと共に数々のヒット曲を生み出しました。

中でもドリフターズの「オン・ブロードウェイ」やロネッツの「ウォーキング・イン・ザ・レイン」などはグッド。特にロネッツなどは、バリー・マン経由で知って聴くようになったぐらい。この曲などはバリー・マンの面目躍如ってところでしょうね。


Who Put The Bomp : Barry Mann

話は戻ってバリー・マン自身の曲。彼名義の曲はあまりヒットに恵まれなかったものの、アルバムにある1曲目の「Who Put The Bomp(邦題 シビレさせたのは誰)」などは、1961年に全米7位のヒットを記録しました。ドゥーワップとポップスとが上手く融合した軽快なメロディーで、バリトンの低音パートとバリー・マンの甘い歌声がよく合っています。

日本でいえばラッツ&スターかゴスペラーズか・・・。今は古いオールドファッション的な音色も、当時の一発録りの臨場感、アドリブと共に聴けば、とても遊び心があって「こういうのもいいかな」と思えてきます。( ̄ー ̄)

Reviewer: ごまめ2009-09-03 | TREview すごい

□□□
Barry Mann & Cynthia Weil Official Website 【公式サイト】
Barry Mann フー・プット・ザ・ボンプ – トラックリスト 【BARKS】

Home > オールディーズ > バリー・マン


コメント

ブリル・ビルディングの雄、バリー・マンのドリーミンな調べ… — 1件のコメント

  1. はじめまして
    ファインディッシュという料理サイト専門の検索サイトを運営している者です。
    シンプルで使いやすい検索サイトを目指して活動しております。
    料理サイトを運営なされている皆様に参加のお誘いをさせて頂いています。
    もしよろしければ、ご参加頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。