中野友加里 なかのゆかり


Figure Skating Queen Yu-Na KIM / YN 08-­09

フィギュアGP2008 アメリカ大会 (2008.10.27)

トリプルアクセル!と思ったら2回転でした・・・残念。でも、それでも2位だからある意味凄いけど。衣装は相変わらず綺麗でしたね・・・。

演技もバレエっぽい手の動きとかあって良かった。表現力のほうも、キム・ヨナさんまではいかなくとも着実に進化しているようです。フィギュアもこれからはバレエが必須になっていくのかもしれませんね。

それにしても、今回の大会はキム・ヨナさんの強さが際立っていましたね・・・。

◆中野友加里さんと蒼井優さんって似てるような・・・

中野友加里さんと言えば“努力の人”ってイメージですが、今までの成績の軌跡を見る限り、やはり着実に強くなっている様子・・・。

世界選手権では4位と表彰台まであと一歩。でも、演技にはスピード感があるし、ジャンプも軽やか。見ていてとても素晴らしいものでした。順位もGPファイナルのチャンピオンやヨーロッパの覇者に次ぐものですから、堂々としたものでしょう。

世界選手権の演技ではSP(ショートプログラム)で3位に入るなど、もはや浅田真央さんやキムヨナさんとも遜色ない感じになってきました。ハートも強いので今後ますます強くなっていくでしょうね。

ドラマ「おせん」を見てて思う・・・。蒼井優さんと中野友加里さんって似てないかい?って。人気の面でも、浅田真央さんやキムヨナさんに負けないようになってくるかもしれませんね。

□□□
SP終了後、中野友加里選手コメント 【@nifty:フィギュアスケート特集】

◆グランプリシリーズ2007 スケートカナダ (2007.11.04)

グランプリシリーズのスケートカナダ。中野友加里(ゆかり)さんの笑顔を久々に見た感じです。2005年以来のトリプルアクセルも成功して、フリー演技の技術点では浅田真央選手を上回る高得点。本人も久々に満足のいく演技ができたんじゃないかな。

でも、中野友加里さんの演技を見ていると、以前にNHK杯で優勝した時のような「キレ」が無くなっているように思う。本人も今回の演技でスピードのことを気にしていたので、もしかしたらそういう自覚があるのかもしれませんね。過度な緊張がそうさせているのかもしれないけど、持ち前の笑顔でなんとか乗り切ってほしいです。

得点的に言えば、中野友加里さんも浅田真央さんや安藤美姫さんと遜色ない感じになってきた。フィギュア女子は今黄金期到来って感じですね。

□□□
フィギュアスケートDays vol.4 【@nifty:フィギュアスケート特集】

◆フィギュアスケート全日本選手権 (2005.12.26)

中野友加里(なかのゆかり)さんがフィギュアスケート全日本選手権に出場。中野さんは健闘するものの5位で大会を終えました。惜しくも表彰台は逃しましたが、キレのあるスケートと高速ドーナツスピンで会場を魅了、演技終了後はスタンディングの拍手となりました。

今回トリノには間に合いませんでしたが、決して実力云々で選ばれなかったわけでは無いでしょう。ただシンデレラガールと言われる彼女の突然の登場が、協会にとっては全くの想定外だっただけのこと。トリノ行きのメンバーもどうやら最初から決まっていたようですし、なにより全日本もその帳尻合わせのような印象でした(織田信成さんの判定も解せん)。

浅田真央さん、織田信成さん、そして中野友加里さん。バンクーバーではこの真打ち三人が、きっと大活躍してくれることでしょう。

□□□
little wings―新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔
@nifty:フィギュアスケート特集:全日本選手権女子シングルショートプログラム

◆グランプリファイナル 国際フィギュアスケート (2005.12.17)

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルが12月17日、東京・国立代々木競技場で行われました。中野友加里さんはショートプログラムで審査員に恵まれず4位スタートとなりましたが、フリーではほぼノーミスの演技で順位を挽回、初出場ながら3位表彰台を果たしました。

彼女はとても精神面が強いような気がします。自身の得点が伸びない中で浅田真央さんは大躍進、普通なら弱気になりそうなものですが、フリーでは大きな崩れも無く笑顔で堂々と踊りきりました。専門家はどう見てるんでしょう?。自分的には大舞台で力を発揮できるのは彼女だと思うんですけどね。

なにより笑顔です。やはり彼女の笑顔は映えますね。

□□□
@nifty:フィギュアスケート特集:グランプリファイナル2日目

◆NHK杯 (2005.12.04)

フィギュアスケートGPのNHK杯で中野友加里さんが初優勝。グランプリファイナル進出を決めると共に、来年2月に開かれるトリノオリンピックへの道も大きく開けました。

演技中に見せる可憐な笑顔が印象的。細身のすらっとしたスタイルながらもキレのある力強い動き、その身のこなしは他の選手と比べても明らかに違う感じです。ピンクの衣装も可愛らしく、颯爽と軽やかに舞うその姿はとても輝いて見えました。フィギュアスケートってこんな映えるスポーツだったのね・・・と今まで見てこなかったことにちょっと後悔の念です。

トリノオリンピックの女子出場枠は3人。今回のNHK杯が終わった時点では安藤美姫さんが一歩リード、中野友加里さんは今のところ5番手ですが、現時点での充実度という点ではピカイチな感じです。GPファイナルでも3位以内に入りそうな勢いで、協会の言う「五輪で勝てる選手を選ぶ」という言葉からすれば、彼女こそ大本命の選手と言えるのかもしれません。

GPファイナルは12月16日から。中野さんには持ち前の笑顔で楽しみながら演技してほしい。トリノでもそのチャーミングな笑顔が見たいです。

□□□

NHK杯女子シングル 中野友加里優勝!
NHK杯女子シングル出場 中野友加里インタビュー

荒川静香 Shizuka Arakawa
浅田真央 Mao Asada
中野友加里 Yukari Nakano
安藤美姫 Miki Ando
武田奈也 Nana Takeda
村主章枝 Fumie Suguri
鈴木明子 Akiko Suzuki

高橋大輔 Daisuke Takahashi
織田信成 Nobunari Oda

アシュレイ・ワグナー Ashley Wagner
カロリーナ・コストナー Carolina Kostner
ザラ・ヘッケン Sarah Hecken
スルヤ・ボナリー Surya Bonaly


コメント

中野友加里 なかのゆかり — 4件のコメント

  1. フィギュアスケートNHK杯

    織田が逆転V、高橋3位 NHK杯フィギュア最終日
    安藤美姫GPファイナルで「4回転跳ぶ」 フィギュアスケートGPシリーズ第6戦NHK杯第3日織田信長の子孫の織田信成君が優勝して号泣。毎回泣きますね(・∀・)
    安藤美姫は4位、オリンピック出れるのかな?
    日…….

  2. 努力家の中野友加里

    久しぶりの日本代表チーム紹介ですが、今回は先日のスケートカナダで3位になった中野友加里選手に注目してみます!
    ジュニア時代には世界ジュニアで2位になったりとかなり注目されていたのですが、シニアに入ってからは、四大陸選手権でも3位に入ったのが最高で後は泣かず……

  3.  初めまして。
     中野友加里さんは「バンクーバー五輪を目指すつもりは無いです。大学を卒業したらスケートからは離れたいと思っています」との事なので、ちょっと残念ですね。
    「でも人間は考えが変わっていくものなのでわからないですけど(笑)」とも仰っていますが。
     情報サイト
    http://www.wasedasports.com/skate/060101special-1.php

  4. 風鈴さん、はじめまして!
    中野友加里さんは本当に残念でした。やっぱり強化選手じゃなかったからでしょうか。最後の最後で外されてしまいましたね。でもスケートの方は一番華がありました。
    スケートやめるってのは「本当?」って感じ。インタビューが冗談であってほしいです。早稲田ももっと学校あげてプッシュすればいいのに・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。