ロミオとジュリエット 主題歌「祈り」は白いアイリスの香り!

ロミオとジュリエットはおそらく日本で一番有名なシェイクスピアの作品。「ロミオとジュリエット」と言えばシェイクスピア、「シェイクスピア」と言えばロミオとジュリエット・・・というぐらいに有名だけれども、考えてみたら、オレって、ロミオとジュリエットの詳しいストーリーは知らなかったりするんだよね・・・。

だからって訳じゃないけれど、たまたま動画配信でロミオとジュリエットのアニメバージョンが配信されていたので見てみると、これがかなり面白かったりする・・・。もっとも、「原案ウィリアム・シェイクスピア」って言うぐらいだから、アニメ版の物語はストーリー的には全くの別物なのかもしれないんだけども。

アニメバージョンの「ロミオとジュリエット」は、制作がデジタルアニメで有名なゴンゾが担当。一体どういう経緯で作られたアニメなのかは知らんけども、さすがは先端を行く会社だけにかなりの完成度だった(途中、ちょっと絵、作画が崩壊したけれど)。

といっても、CGなどデジタルな面で驚いたわけではなく、脚本の良さとキャラクターデザインの良さに驚いたといった感じ。ほんと、ビックリした。とにかくキャラクターの魅力が凄い。アニメはやはり絵だな・・・と思った。大人がアニメを楽しむには、やはり絵の綺麗さ。そして、脚本だなと。

ロミオXジュリエット ビジュアルファンブック Destiny of Love

ロミオ×ジュリエット・・・。アニメでもあの有名な台詞「ロミオ!あなたはなぜロミオなの?」っていうのがさりげなく出てくる。でも、変に仰々しくなくて自然な感じ。空中都市が出てくるなど原作とは大分設定や脚本が違うんだろうけど、押さえる所は押さえている感じ。

アニメを見た感想としは、絵が綺麗なアニメを見たい人や、大人も楽しめる脚本の良いアニメが見たい人には十分おすすめできる。ラブストーリーとしてもかなり良い。最後がグダになるアニメが多い中、喜劇であれ悲劇であれ、この作品は終わり方がしっかりしている。

「ロミオ×ジュリエット」を冠している以上、脚本もああいう終わり方しか無かったんだと思う。

一方、映像と同じぐらいに良かったのが、主題歌の「祈り~You Raise Me Up~」という曲。主題歌といっても、正確にはダニエル・オドネルのヒット曲をカバーした曲で、完全なオリジナル主題歌では無い感じ。でも、実際問題、歌っているリナ・パーク(パク・ジョンヒョン)の歌声は凄くいい。日本語の詩もぐっと来るものがあるし、曲のアレンジも清清しく厳か。メロディーもアニメ本編の雰囲気と凄くマッチしていると思う。

祈り~You Raise Me Up 試聴iTunes

アニメでは白いアイリスの花とイタリアの街並みが印象的に描かれているけど、主題歌のほうも、どこかそんな異国の香りがするメロディーとなっている。それこそ、あの白いアイリスの香りがしてくるような・・・。とても清清しいメロディーで心が和む。

このアニメは大人向けのアニメ。絶対・・・とまでは言わないけれども、見ておいて決して損はしないアニメだと思う。オーソドックスで純なラブストーリー。かなりおすすめだ。

□□□
ロミジュリ:ロミオ × ジュリエット 【公式サイト】
LENA PARK : 祈り~You Raise Me Up 【BARKS CDレヴュー】
ロミオ×ジュリエット シェークスピアの名作をゴンゾがアニメ化 悲恋の結末は?【まんたんウェブ】

ゴンゾの目指すところ キャラクターデザイン、作画を統一すべき?【関連記事】

Reviewer: ごまめ2009-03-14

HOME > アニメ・キャラクター 名作アニメ > ロミオXジュリエット


コメント

ロミオとジュリエット 主題歌「祈り」は白いアイリスの香り! — 3件のコメント

  1. 仕事の方がゆとりモードなので
    消化してないアニメを序々に消化する日々です。
    ロミオ・・・この作品も結局見ずに終わってしまいましたよ(*´д`;)
    友人からこれと電脳コイルを薦められていたのですが
    なんか電脳コイルが日本のSF賞だかを取ったらしくて
    そっちを先に見てみようかな~と考えてます。
    春の新作アニメは期待できそうなのばかりですが・・・
    ドラゴンボールKai(改)はハズレ確定しそうですw

  2. ドラゴンボールKaiは知りませんでした・・・。最近、ジャンプとかを読まなくなったので、その辺の情報がえらく疎いデスw
    でも、ドラゴンボールのリマスターって需要あるんだろうか・・・とちょっと疑問な感じもしますが。
    ロミオ×ジュリエットはようやく最終回まで見ました。最後の結び方としてはなかなか考え込んだであろう?展開で、なかなか感動的でした ( T-T)

  3. ピンバック: おすすめアニソン・キャラソンレビュー! | Melody Talk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。