ナイトレンジャー、ニューアルバムは近年最高の完成度!?

ナイト・レンジャー『ドント・レット・アップ』【通常盤CD(日本盤限定ボーナストラック/歌詞対訳付き/日本語解説書封入)】

 

35周年を迎えるナイトレンジャー。ニューアルバムは作曲、曲の雰囲気が変わった印象。新加入のケリ・ケリーの影響もあるのか、今までにない新しいメロディが加わっている。とても新鮮だ。グルーヴ感、厚みも増していて、ジャック、ケリーのヴォーカルも元気。また、このバンドの肝でもあるブラッド、ケリのツインギターも個性の違いが出ててとても聴き応えがある。

新生ナイトレンジャー、6作目以降のアルバムの中では一番の出来かも・・・。

今作はセルフプロデュースということで、「これぞナイトレンジャーの音楽であり俺達のやりたかった音楽」といった感じ。音に自由さ、解放感がある。アメリカンロックらしいハッピーな音に、時を重ねた大人のメロディが加わり、とても味のあるロックに仕上がっている。


Night Ranger – “Comfort Me” (公式PV)試聴 YouTube

■Don’t Let Up(iTunesで聴く場合は「編集」→「Apple Musicの機能を表示」のチェックを外す)
01. Somehow Someway 試聴 YouTube
02. Running Out Of Time
03. Truth 試聴 Youtube
04. Day And Night*
05. Don’t Let Up 試聴 YouTube
06. (Won’t Be Your) Fool Again
07. Say What You Want 試聴 Apple
08. We Can Work It Out 試聴 Apple
09. Comfort Me
10. Jamie
11. Nothing Left Of Yesterday 試聴 Apple(おすすめ)
12. We Can Work It Out(Acoustic Ver. ボーナストラック)

1曲目の「Somehow Someway」や7曲目「Say What You Want」、9曲目の「Comfort Me」などはナイトレンジャーらしい疾走感のあるメロディ。一方、3曲目の「Truth」や5曲目「Don’t Let Up」、11曲目「Nothing Left Of Yesterday」などはサビのメロディが光る曲。中でも「Nothing Left Of Yesterday」はスマッシュヒットになりそうな予感。ナイトレンジャーのバラードここにあり!って感じだ。

何れにしても、どの曲もサビのメロディは近年稀にみる完成度だ。

ニューアルバム付属のDVDでは、メンバーそれぞれ元気な姿を見せている。インタビューでは、今後もツアーを続け50周面を目指すと答えている。ファンとしては12作目、13作目と、今後も新しいナイトレンジャーを聴けると思うと、本当に楽しみな限りだ。

Home > ハードロック > Night Ranger


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。