サイケなUKオルタナロックバンド『ウルフ・アリス』

Blush EP

サマソニ初来日のニュースを見て聴いてみたバンド・・・というよりは、おっぱいドーンのジャケットを見て思わず手にしてしまったバンド(さすがイギリス)。

Wolf Alice(ウルフ・アリス)はロンドンの4人組オルタナティヴ・バンドで、歌うのはエリー・ロウゼルというちょっとクール系な女の子。女子。2010年にロンドンで結成されたバンドで、既に大人気というよりは、日本などでもこれから人気が出るであろうバンドだ。

音色はオルタナっぽい音楽ながら、個人的にはサイケな雰囲気、グランジっぽいギターに特徴があるように思う。とはいえ、曲はポップよりで聴きやすく、普段洋楽聴かない人でもいけると思う(たぶん)。もっとも、どきどき霧の中に迷い込んだような気持ちになるのだけれども。

YouTube : Wolf Alice – Bros 試聴 公式PV

■Blush (2013)
1. Blush 試聴 iTunes
2. she
3. NoseDive
4. 90 Mile Beach

■Creature Songs (2014)
1. Moaning Lisa Smile
2. Storms 試聴 iTunes
3. Heavenly Creatures
4. We’re Not The Same

オルタナ特有の音色・・・。幻想的で陰鬱的な雰囲気が嫌でなければ楽しめると思う。個人的に好きなのはギターの音色が印象的な『Blush』、『Storms』あたり。日本では実質2015年がデビュー年となるようで、サマソニを控えた6月には『My Love Is Cool』がリリースされる予定だ。

エリー・ロウゼルのオルタナ・ダークな歌声。果たして日本でも人気となるだろうか。注目だ。

□□□
SUMMER SONIC 2015

Home > Rock Pops > Wolf Alice


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。