ナイトレンジャー、待望の新譜はカリフォルニアン・ロックアルバム!

Somewhere in California : Night Rangerナイトレンジャーの新譜、サムホエア・イン・カリフォルニアを聴いて思ったこと・・・。

景色、風景が変わった?

新加入のギタリスト、ジョエル・ホークストラの影響だろうか、ギターの音色がシャープにクリアになった気がする。水の流れのような清清しい音色に。

ギターのリフがいちいちカッコイイ・・・。

1996年の再結成後のアルバムはどれも、ハードロック・バンドを自負するかのようにギターが重めだった。でも、このアルバムはそういった「狙い?」からくる汚れや垢をさっぱりと落とした感じ。風呂上りの爽快さというか、変な使命感から開放された自由さというか。試聴を聴いてみそ!


Growin’ Up In California : Night Ranger (公式PV) 試聴 YouTube

Somewhere in California
01.Growin’ Up In California
02.Lay It On Me
03.Bye Bye Baby (Not Tonight)
04.Follow Your Heart
05.Time Of Our Lives
06.No Time To Lose Ya 試聴
07.Live For Today
08.It’s Not Over
09.End Of The Day
10.Rock N’ Roll Tonite
11.Say It With Love
12.L.A. No Name

のっけの1曲目「Growin’ Up In California」から6曲目「No Time To Lose Ya」へと続くあたりがハイライト。ハード志向のジェフが抜けたことで楽曲が多彩になった感じ。ジャックやケリー、ブラッドの3人の目指す音の方向性も、そういったわだかまりが無くなったんだろうね。

アルバムのスマッシュヒットは個人的にはスピードロックの「Bye Bye Baby (Not Tonight)」や「No Time To Lose Ya」、「Say It With Love」といったところ。これだよね、ナイトレンジャーの音は!って感じ。最近のJ-Popにも負けないサビのキャッチーさ。ナイトレンジャー最大の魅力はやっぱりこのサビのメロディだよね。

カラフルなメロディーとツインギター、ツインヴォーカルも全て全開でとにかく爽快。まるで、カリフォルニアのクリアな青空が見えるよう・・・。まさに「フィール・ソー・グッド」ですよ。再結成後、ナイトレンジャーはようやく満開を向かえたみたいだ。(`・ω・´)☆

Reviewer: ごまめ2011-06-09 | ★★★★★

□□□
NIGHT RANGER ナイト・レンジャー、来日公演直前ロングインタビュー公開 【BARKS ニュース】

ナイトレンジャー Night Ranger 【関連記事】
ナイトレンジャー、待望の新作、新譜、新曲だぁ!!【関連記事】

Home > ハードロック > ナイトレンジャー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。