作曲家金澤攝が挑むクラシック探求 知られざる名曲を探して

NHKで深夜に放送されていた特集番組「失われた音楽を求めて」を見てビックリ。金澤攝(かなざわをさむ)さんという作曲家が、19世紀の失われたクラシックの名曲、作曲家探しを30年もの長きにわたり続けているという・・・。クラシックの本家であるヨーロッパでさえ、いまだに研究が進んでいないと言うのに。

ピアノの詩人と呼ばれるショパン・・・。

19世紀のピアノ音楽の作曲家といえば、「ショパン、リスト、シューマンの3人」というのが定説だったのだとか。しかし、19世紀のヨーロッパには、ショパン以外にも「ピアノの詩人」として並び称される作曲家が数多くいたらしい。しかし、当時は録音技術が進んでいなかったこともあってか、それら多くの作曲家たちは、何故か歴史から忘れ去られてしまったのだとか。

金澤攝さんは、ヨーロッパの図書館などを訪ね歩いて1万曲あまりの楽譜を収集。今ではほとんど知られていない名曲の数々を現代に甦らせています。ユーチューブには自ら演奏した動画をアップ、クラシックの専門家も驚嘆する研究、探求を続けています。


ステファン・ヘラー – セレナード / 金澤攝 試聴♪

動画はステファン・ヘラーという作曲家のセレナードという曲。確かNHKの番組でも流れていた曲だと思います。金澤攝さんはかつてシャルル・ヴァランタン・アルカンという作曲家を見出し、ソニーからCD(前名「中村攝」名義)もリリースしていますが、今はこのステファン・ヘラーに注目し、演奏しているのだとか。

金澤さん曰く、将来、ステファン・ヘラーもショパンと同じくらいの権威をもって扱われるようになるだろう・・・と。

クラシックは正直ぜんぜん詳しくはないけれど、この番組を見て金澤さん演奏の曲を聴いてみたくなりました。

うちのステレオも、本当はこういう曲をかけないと、宝の持ち腐れなんだろうな・・・なんて(≧ω≦)

□□□
ピアノ曲事典 金澤攝 【ピティナ・ピアノホームページ】
もう一人の“ピアノの詩人” 【NHK 金沢放送局】
失われた音楽を求めて 【NHK 金沢放送局】

Home > ムード・ヒーリング > 金澤攝


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。