浅田真央とキム・ヨナ ヒロイン対決が熱い!

キムヨナ - 安藤美姫 - 浅田真央

浅田真央さんとキム・ヨナさん・・・。2人ともヒロインと呼ぶにふさわしいとても華のある選手です。この2人、オリンピックでは果たしてどちらが勝つのでしょう?

気になるのはキム・ヨナさん。韓国で開催された4大陸選手権を棄権、続く世界選手権でも怪我の影響なのか、あまり得点が伸びませんでした。ショートでもフリーでも世界最高得点を持っているのはキム・ヨナさん。やはりあの華麗なジャンプと演技はとても魅力的だし、その動向が気になるところです。

一方、浅田真央さんはトリプルアクセルに自信を深めたのが大きいところ。男子で世界最高得点を叩き出した高橋大輔さんじゃないけれど、ジャンプに自信を取り戻せば再び世界最高得点を叩き出すことも決して夢ではありません。オリンピックではトリプルアクセルの連続成功なんてこともやってのけてくれそうです。唯一心配なのがコーチの問題でしょうかね・・・。

浅田真央さんとキム・ヨナさんって華麗なジャンプといい、繊細な振り付けといい、見ていてとても華がある。2人はこれからも日韓のヒロインとして、ライバルとして闘っていくんでしょうね。果たしてこの二人に割って入るのは・・・。やっぱり安藤美姫さんでしょうかね。

□□□
フィギュアスケート【Yahoo!】
フィギュアスケート特集【@nifty】
2008四大陸選手権 浅田真央優勝&安藤美姫3位【@nifty】

◆浅田真央、NHK杯優勝!
フィギュアスケートのNHK杯で浅田真央さんが初優勝。しかも国際大会歴代最高となる199.52点をマーク、まさに真打登場という感じでした。

今年のグランプリシリーズは韓国のキム・ヨナ選手が台頭、ちょっと主役の座を追われた感もあった真央さんでしたが、このNHk杯で見事主役の座に返り咲きです。金メダルの荒川静香さんはおろか、今まで歴代1位だったイリーナ・スルツカヤ選手の得点すら上回ってしまったんですから・・・。やっぱり真央ちゃんは凄かった。

安藤美姫
ユリア・セベスチェン
浅田真央
キム・ヨナ
村主章枝
サラ・マイヤー

これでグランプリファイナルへ進出する6名が決定しましたね。日本人が3名、アジア勢が4名ですか・・・すごいですね。世界選手権優勝のキミー・マイズナー、カナダ優勝のジョアニー・ロシェット選手が居ないのがちょっと残念な感じですけど。

GPファイナルでは浅田真央さんにとってキム・ヨナ選手が最大のライバルになりそう。もちろん安藤・村主両選手にも頑張ってもらいたいです。あとはユリア・セベスチェン選手でしょうか。個人的にはこの人だれ?って感じなんですが、強いんでしょうか? なんか不気味ですね。

□□□
浅田真央 Mao Asada
NHK杯直前!GPシリーズ途中経過 女子シングル【@nifty:フィギュアスケート特集】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。