Fate/stay nightのリメイク、脚本は虚淵玄? 奈須きのこは?

Fate/stay night(フェイト・ステイナイト)が2014年秋にテレビアニメ・シリーズとしてリメイクされるらしい。制作は劇場版『空の境界』やテレビアニメ『Fate/Zero』を制作したufotable

このリメイク、コアなファンは概ね歓迎らしい。でも、アニメでのみ『Fate/stay night』を知る自分にとっては、ufotable制作のリメイクは正直あまり歓迎できない。かなり微妙なところだ。

なぜなら、『Fate/Zero』が重すぎた・・・。

スタジオディーン製作の『Fate/stay night』から入った自分にとっては、あの重苦しくバッドエンドで終わるような脚本がどうも馴染めなかった。

ufotable制作だからというよりも、虚淵玄が脚本を手掛けたからと言うべきかもしれない。同じく虚淵玄が脚本を手掛けた『魔法少女まどか☆マギカ』も、世間の評価とは裏腹に、自分的にはどうにも馴染めなかった。

確かに『Fate/Zero』で見せた作画や動画、演出のクオリティは高かった。しかしながら、原作が虚淵玄ということもあり、残酷で鬱な脚本、必ずといっていいほど出てくる『銃』がどうにも鼻に付いた

基本、アニメは軽妙でコミカル、ハッピーエンドであるべきと考える自分にとっては、あの脚本、演出はどうにも受け入れがたいものがあった。

もっとも、自分がFate/stay nightを好きになった理由が、伝奇的な脚本に惹かれたというよりも、ただ単に『セイバー』や『遠坂凛』といったヒロイン、キャラクターが可愛かったからだけというもの。よって、あまりとやかく語る資格は無いのかもしれない。

しかしながら、Fate/stay nightはやはりラブコメ的アニメであるほうがウケるだろうし、人気も出るだろうと思う。この点については異論を唱えるファンも少ないのではないだろうか。

Fate/stay nightのリメイクがどういうルートでどんな脚本、演出になるのかは分からない。けれども、ぜひとも『Fate/Zero』のような鬱なストーリーにだけはして欲しくない。

ところで、原作者である奈須きのこはアニメの脚本は書かないのだろうか?

□□□
Fate/stay night TVアニメ公式サイト キービジュアル & メインスタッフ公開


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。