日本シリーズ 原監督の采配、選手起用が下手すぎる

楽天の星野監督には選手起用に迷いがない。それに対し、原監督の選手起用には迷いがありすぎる。ブレすぎだ。

第5戦にいたっては、何を血迷ったのかスタメンに松本や中井まで入れた。まさか日本シリーズで若手育成じゃあるまいし・・・。

楽天の辛島、則本にしてみれば大助かり。この打線では何の迫力も恐怖感も感じないだろう。

シーズン中から感じていたことだが、原監督の采配、選手起用は気が多すぎる。八方美人すぎる。誰が「レギュラー」で、誰が「控え」かの明確な線引きができていない。「全員野球」などと言えば聞こえはいいが、要は「選手の技量」を見極められていないだけのことだ。

シーズン中、ろくに活躍もしていない選手をなぜ日本シリーズで使うのか?本当に理解に苦しむ。一方、楽天の星野監督はシーズン中のレギュラーを絶対に変えようとしない。

田中や則本のような剛速球を打てそうな打者といえば、巨人ファンなら誰もがストレートに強いボウカーを思い浮かべるだろうが、何故かそのボウカーも使おうとしない。

楽天、パ・リーグのストレート主体のピッチングに、巨人打線は力負けしている。ストレートが打てない阿部、坂本に対し、ストレートを打ち返すジョーンズやマギー。巨人は楽天に対し、明らかに力負けしているのだ。

また、調子の悪い高橋由伸にしろロペスにしろ、楽天のピッチャーにしてみれば、松本や中井のような小粒な打者よりはずっと怖いはず。楽天の星野監督が外国人打者を外さない理由はここにあるのに、原監督は知ってか知らずか、平気で外国人バッターをスタメンから外す。

原監督はもっとレギュラーと控えとの線引きを明確にすべき。使えない選手にまでわざわざ気を使って出場させる必要は無い。

所詮、控えの選手は控えの力しかないのだから。

あと、西村は気が弱すぎる。あのメンタルの弱さは抑えとして本当に適正があるのか? 逃げない則本とは大違いだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。