バカとテストと召喚獣なキャラソンでアイドル考 乙女もギャルも声優萌え

バカとテストと召喚獣 キャラクターソングミニアルバム今さらだけど「バカとテストと召喚獣」のキャラクターソング。アニメは2期を終えて3期はいつ?って感じなんだろうけど、オレ的にはまだ1期。ブルーレイももっと安くなってくれなきゃ困るよね。

キャラソンといえば女キャラでシングル1枚ずつってのが定番だけど、このキャラソンは男女キャラが1枚に収まっていてなんとなくお得感あり。どうせなら、キャラソンを全部1枚にして、DVDやブルーレイをコンプしたらプレゼント!って感じにしてくれたらもっと買いがいがあるんだけどね。

で、中身のキャラソン。「バカとテストと召喚獣」のキャラソンだからもっとバカっぽいのか?って思ってたら、全然王道な感じ。個人的には島田美波(CV水橋かおり)が歌う「ツンデレ道」がアップビートな曲で一番良かった感じ。女子的には下野紘や鈴木達央が歌う曲のほうがヒットするんだろうけどね。

ハイライトは姫路瑞希(CV原田ひとみ)が歌う「恋のスクランブル」。(試聴)

というか、個人的に妙にツボ。少し前に高橋由美子や石野真子といった往年のアイドルのCDを聴いてから、昔のアイドルソングもいいなぁと思ってたけど、この曲もまさにそんな感じ。基本、キャラソンも要はアイドルソングなんだよね。AKB48やアニメのキャラソン、声優ソングなど、考えてみれば元々あったアイドルソングの需要を掘り起こしただけなのかも。

アニメから乙女・ギャル・BLのゲームまで、みんな声優萌え・・・。これも、要は元々あるアイドル需要があったればこそってことなんだよね。

で、ハイライトの「恋のスクランブル」だけども、この曲、歌謡曲?的な叙情的なメロディがなんとも聴き心地が良い。今のポップ&ロック全開の曲調とはまた全然違った大人の魅力があるんだよね。なんなんだろう? こういう曲ってどうしてすたれていったんだろうね。

このアニメのキャラソンは「バカとテストと召喚獣にっ!」のほうにもあるんだけど、こっちはアニメ本編を見てから聴こうと思う。いつになるかは分からないんだけどね。

時間が足らんよ、ワトソン君( ̄へ ̄|||)

Reviewer: ごまめ2012-04-20 stars

□□□
おすすめキャラソン・声優神曲! バカとテストと召喚獣!!

Home > アニメ・キャラクター > バカとテストと召喚獣


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。