日本人はいも類の摂取量が少ない? マックのフライドポテトで芋不足解消!

いも類には豊富に食物繊維が含まれていて、胃腸や大腸疾患、便秘などの予防に役立つのだとか。ところが、日本人は意外にいも類の摂取が少ないらしい。なんでも、我々人間は、1日100グラムの芋を採るべきなのだとか。ところが、日本人の平均は約60グラムと半分あまり・・・。

現代人は慢性的な芋不足にある。

そこで我ながら名案に思ったのがマックのフライドポテト(塩無しも注文できます)。今まではメタボの元凶、悪の権化とさえ思っていたフライドポテトですが、実はカロリーや食品成分を調べて見ると、意外とそれほどでもないんですよね・・・。

100グラム=240キロカロリー。

さすがに100グラム全部を食べるとなると高カロリーなように感じますが、料理の付け合わせ程度に使うなら30~50グラムで十分すぎる量。それなら1人100キロカロリー前後なのでそれほど心配するカロリー、脂肪でもありません。また、先に挙げた慢性的な芋不足も十分に解消できるわけです。

フライドポテトといえば自分的にはマックのポテト。Mサイズなら約140グラムで4人家族でも十分な量。クーポンを使えば170円程度で買えるので、ジャガイモの皮を剥いて料理する手間を考えれば、かなりお得な感じです。おまけに冷凍も可なので使いたい時に少量ずつ使うことも出来て経済的です。

フライドポテトの脂肪酸は不飽和脂肪酸

詳しくは分からないけど、フライドポテトの脂肪酸は大部分、コレステロールを下げる働きがあると言われている「不飽和脂肪酸」で、逆に、肉類や乳製品に含まれている脂肪酸は、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまう「飽和脂肪酸」のだとか。つまり、霜降りの牛肉を食べるぐらいなら、フライドポテトを食べたほうがよほど健康的というわけです。

フライドポテトも立派な「いも類」の一品料理。芋不足解消にはうってつけな、とても便利なジャンクフードだと思います。

□□□
日本マクドナルド公式ウェブサイト 正確なカロリーはこちらで


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。