巨人はなぜイ・スンヨプを1軍で使わないのだろう

イ・スンヨプの情報が全然入ってこない今日この頃。イ・スンヨプは一体どうなったのだろう・・・。というより、ラミレスがいればイ・スンヨプは要らないということなのだろうか?

阪神や中日に水を開けられ、成績低迷にあえいでいる巨人。にも関わらず、何故か首脳陣はイ・スンヨプを1軍に上げようとしない。上位進出の起爆剤として、イ・スンヨプの力は絶対必要なはずなのに。

そもそも巨人のフロントは選手に冷たい。イ・スンヨプの代わりに1軍で活躍していたゴンザレスも、ドーピング検査に引っ掛かると直ちに解雇されてしまった。この一件を見るに、ゴンザレスは巨人にとってそれほど必要な戦力ではなかったらしい・・・。もっとも、もしこれが「高橋由伸」だったら、おそらくこうはならなかったのだろうけど。

イ・スンヨプが2軍にいる理由は、成績の不調外国人枠の問題があるので「しょうがない」と見る向きもあるようだ。しかし、今1軍で試合に出ている若手に比べ、本当にイ・スンヨプは見劣りするのであろうか。たとえ今は不調でも、これまでの実績を考えれば、かつての原辰則や清原和博がそうであったように、いずれは不調を脱して力を発揮するのは明らか。にもかかわらず、イ・スンヨプを2軍に長期滞在させる巨人・・・。

何か成績以外の理由もあるように思えてならない。

もしそれが人種的偏見から冷遇されているのだとしたら、日本の野球はプレー以外の部分でも、大リーグに比べかなり遅れていると言わざるを得ない。

ゴンザレスもイ・スンヨプも、狭い「野球」でプレーするより、広い「ベースボール」でプレーしたほうが幸せなのかもしれない・・・。

□□□
イ・スンヨプ情報 【Chosun Online】
“折れた大砲”李…技と心の支え失い2軍落ち 【ニュース:イザ!】
巨人・ゴンザレス自由契約 週明けに抗議文 【ニュース:イザ!】

| TREview


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。