ツインテールの16歳の女の子…人格を持ち始めた初音ミクの著作権は?

人格を持ち始めた電子楽器「初音ミク」・・・。発売当初はVSTi(バーチャルインストゥルメント:仮想楽器)として初音ミクを捉えていた開発元(クリプトン)も、最近はその人気からバーチャルアイドルとしての人格・・・“ツインテールの16歳の女の子”としてのキャラクター性を認めざるを得なくなったようです。

法律の専門家によれば、もし初音ミクを「歌手」として認めるなら、初音ミク自身に実演家としての著作隣接権(録音、録画権など)や、著作者人格権(同一性保持権、氏名表示権など)が発生するかもしれないとのこと。つまり、もしかしたら近い将来、初音ミク“本人”に著作権料を支払う必要が出てくるかもしれない――ということです。まあ聴いてみてくだされ。

ロミオとシンデレラ (feat. 初音ミク) by doriko

また場合によっては、声優の藤田咲さんにも実演者として著作隣接権が発生する可能性があり、さらには人気の初音ミク作品を制作した「ミク作家」の人たちにも、同じような権利が発生する可能性があるらしいです。なんだかクモの巣のようにややこしい話ですが、初音ミクのようなバーチャルなコンテンツが増えれば増えるほど、こうした問題は今後もますます顕在化していくことでしょうね。

初音ミクの「権利者」としての位置付けはどうなっていくのでしょう? なんだかちょっと興味ありますね。

□□□
初音ミクは「権利者」か
音の同人だった―「初音ミク」生んだクリプトンの軌跡
【ITmedia News】
「初音ミク」同人ゲームが解禁に 規約を改訂【iZa イザ!】

| TREview 素晴らしい


コメント

ツインテールの16歳の女の子…人格を持ち始めた初音ミクの著作権は? — 2件のコメント

  1. おもわず拍手したくなるweb拍手ボタン第四弾「MEIKO」

    おもわず拍手したくなるweb拍手ボタンシリーズ第四弾「MEIKO」のweb拍手ボタンができました!3月31日のMEIKOの日にリリースしようかと思ったのですが、休日明けになるので早めのリリースとなりました^^まだまだ作りたいキャラがいっぱいあるので、4月からは大量生産したいな・・・(/ω\)…

  2. 「ねんどろいど 初音ミク」発売!初回予約分は到着

    グッドスマイルカンパニーから発売されているフィギュアの大人気シリーズ「ねんどろいど」より、昨年11月末から予約が開始された「ねんどろいど 初音ミク」【AA】が3月31日に発売されました。なお、3月31日到着分は、初回予約分のみの出荷となっているショップが多いので入手は困難な状態です。…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。