とことん押井守!でも鬱陶しい・・・

押井守が鬱陶しい・・・。

NHKで放送のうる星やつら「オンリー・ユー」。せっかく人が面白く見た映画なのに、押井守さん、監督本人が思いっきり否定しおった。

「オンリー・ユーは失敗作だった」とか、「あたるとラムのラブストーリーは成立しない」とか、「映画は監督のもの」とか、ボソボソと勝手なことを延々と・・・。

話を聞いてて、「あんたはロック・アーティストかよ!」ってツッコミを入れたくなったけど、まあ彼は彼なりに反骨精神と言うか、何か商業主義とは相容れない意地みたいなものがあるんでしょう。

でも・・・。

おもしろい映画って、そういう商業主義的ないいトコどりの映画なんじゃない?

ファンの期待を無視して、監督の思い入れを見せられても、ぜ~んぜん面白くないのだよ。そんな自己中心的な物語を見せられるぐらいなら、たとえおきまりのパターンでも、人気キャラクターが総出演して、それぞれのキャラにもちゃんと見せ場があって、そしてちゃんとハッピーエンドで終わってくれるような「映画」のほうが、ぜ~んぜん面白いよ。ほんと。

第一・・・。

うる星やつらはあんたの作品じゃないし

原作者の高橋留美子さんが『オンリー・ユー』を絶賛、逆に『ビューティフル・ドリーマー』を酷評したのも頷ける感じ。

アニメに限らず、原作が別にある映画やドラマは、やはり「原作者やファンが何を期待しているのか」を常に気にしながら作るべきであって、監督の自己主張のために利用されるべきではない。監督の仕事は、ファンの期待に沿うべく、その完成をしっかりマネジメントすること。それこそが「本来のあるべき姿」なんじゃないかと思うよ。

うる星やつらのサントラが聴きたくなってきた・・・。

□□□
NHK アニメギガ とことん押井守!
うる星やつら 高橋留美子自選複製原画集 【PALのブログ】

  


コメント

とことん押井守!でも鬱陶しい・・・ — 3件のコメント

  1. 同感です、
    オンリーユーの最初の監督がどうして降りたのかが知りたいです、もしかしたら監督になりたかった押井さんが師匠に頼んで何か仕組んだのか?と想像してしまいます。
    また、商売の為には限られた原作ファン以外にファン層を広げる必要がありその為には路線の大幅変更もしょうがないと判断したのでしょうか?
    失敗とは言っていますが、それは彼自身の自己評価であって、観る側からすれば立派な映画だと思います、今見ても・・。おいしい団子は多いほどいい!多い分には何も文句はないのです。
    核たる物はエルの男収集で、(女版あたる)で十分楽しめます。
    アニメギガのランキングは押井ファンがメインの投票数であって一般的に見ればオンリーユーが相当上位にくると考えます。
    パトレイバーが上位を占め、一番力を入れたデジタル大作アバロン、イノセンスがふるわなかったのを知り多少がっかりしていたように見えました。大衆の望み=押井さんの頭の妄想ではない事を、彼自身知らされた番組になったのではないでしょうか?
    少なくても投票した方達は、今の押井さんの考え方にはついていけてないと・・・

  2. コメントありがとうございました~。
    オンリー・ユーはいい映画だと思うんですよね。ダーリンを取り戻そうとするヒロインってあたりが。まあ普通は逆なんだろうけど、主人公はラムちゃんなわけだし、それにうる星やつらを見てる女の子もいるだろうから、多少乙女チックでもよろしいかと。それに敵キャラであったエル。彼女にも彼女なりの一途な恋があったっていうあたりが、ラブストーリーとしてもかなり良い脚本でした。
    >一番力を入れたデジタル大作アバロン、イノセンスがふるわなかったのを知り多少がっかりしていたように見えました。
    確かにそんな感じでしたね。本人はイノセンスを高く評価して欲しかったんじゃないかな・・・と。お金もかかってるし外国でもノミネートされたみたいですし。攻殻機動隊についても押井作品は賛否両論のようだし、押井監督はやっぱり色々な面で個性が強すぎるのかもしれませんね。その辺が押井監督が宮崎駿になれない1つの理由なのかも・・・。

  3. まぁオンリー・ユーはその宮崎駿に酷評された作品ですし、何かあるんでしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。