千の風になって スピリチュアルな詩の世界

千の風になって 秋川雅史
千の風になって 秋川雅史

→「MASAFUMI AKIKAWA OFFICIAL SITE」: 公式サイト

「A THOUSAND WINDS(千の風になって)」。作者不詳の詩ながら世界中の人々から愛されてきた一篇の詩です。

もともとメロディーはありませんでしたが、日本の作家、新井満(あらいまん)氏が曲をつけたことで、多くのアーティストが様々な場面で歌うようになりました。昨年の紅白歌合戦でもテノール歌手の秋川雅史さんが熱唱、その歌声に魅了された方も多いのではないでしょうか。

■千の風になって
01. 千の風になって 試聴iTunes
02. 千の風になって(カラオケ)
03. リンゴ追分

紅白では誰もが息を飲むすばらしい歌声・・・。その歌声は、他のアーティストが気の毒になるほどの存在感で、歌い終わった後しばらくの間、会場がしーんと静まり返っていました。とにかく凄かった・・・。ぜひ聴いてみてください。

stars Reviewer: ごまめ2007-01-17

□□□
「千の風になって」原詩の原詩
Do not stand at my grave and weep【Celestial Spells】

ベストセラーランキング 本, CD, DVD


コメント

千の風になって スピリチュアルな詩の世界 — 1件のコメント

  1. 千の風になって 秋川雅史

    千の風になって・・・。作者不詳の詩ながら、多くの人々の心を癒してきた一篇の詩です。
    「A THOUSAND WINDS(千の風になって)」。
    様々な場面で読まれてきたこの詩にメロディーをつけたのが、日本の作家、新井満氏でした。これまで数多くのアーティストによって歌い継がれてきましたが、最近では紅白歌合戦での一曲、テノール歌手の秋川雅史さんによる歌がとても印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。