小豆島の手延べそうめんが美味しすぎて

小豆島のそうめんって有名らしいですね。そうめんといえば奈良県の「三輪素麺」や兵庫県の「揖保乃糸」って感じですが、実は「小豆島素麺」もかなり有名らしいです。この3つを合わせて日本三大そうめんと言うのだとか。小豆島そうめん、他の産地とは異なる独特な風味が魅力のそうめんです。

小豆島のそうめんは手延べの際にごま油を使うそうです。他の地域では食用油を使うそうなので、その辺りの違いが味の違いにも表れているのかもしれません。コシのしっかりした芯の強い麺で、歯ざわりもとてもさらっとしています。個性的な匂いも無いので1人で2把ぐらいはするっといけそう。また酸化しにくいごま油を使っているので、健康面でもグッドなそうめんと言えるかもしれません。

小豆島産のそうめんは横浜ではあまり見かけませんが、通販などでは手軽に入手できるようです。この夏、小豆島の一風変わったそうめんを味わってみてはいかがでしょうか。

ちなみに自分が食べたそうめんは小豆島の吉岡製麺所で作られたそうめんでした。とても美味しいそうめんでしたよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。