MP3&WMA対応FMトランスミッター iPodを車で聴こう!

FMトランスミッターがあれば人気のiPodも車で聴くことが出来ます。FMトランスミッターとは簡単に言えば音声をFM電波に変換する装置のことで、iPodなどのポータブルプレーヤーも、電波にしてしまえばカーステレオで聴けるというわけです。

使い方はいたって簡単。トランスミッターの接続プラグ(ステレオミニプラグ)をiPodに接続するだけ。後はカーFMラジオをセットすれば勝手に音楽が流れてきます。音質もCD並みの音質なので問題なし。よほど音質にうるさい人でない限り大丈夫だと思います。まあ車で聴くわけですし、多少ノイズがあったところで・・・って感じです。

もちろんiPodだけでなくポータブルMDやCDプレーヤー、MP3プレーヤー等でも聴くことが出来ます。FMトランスミッターは色々なタイプが発売されていますが、一番おすすめなのが接続端子にステレオミニプラグを使用しているタイプです。このタイプはステレオミニプラグをヘッドホン端子に接続すればいいので、ほぼ全てのポータブルオーディオ機器で使用することが出来ます。

ロジテックのFMトランスミッターには、さらにステレオミニジャックを「4極平型端子」に変換するケーブルや、iPodや携帯電話の充電専用USBコネクタも添付されているので、これを使えばiPodや携帯電話を充電をしながら再生することだって出来てしまいます。これで長時間のドライブも安心と言うわけ、ほんと至れり尽くせりです。

また、iPodなどのポータブルプレーヤーを持ってない人でも、このMP3&WMAプレーヤー付きFMトランスミッターなら安心。MP3&WMAプレーヤー付きなので、MP3やWMAの入ったUSBフラッシュメモリを接続すれば、そのままFMカーステレオで音楽を聴くことができます。PC等で作ったMP3ファイルをUSBフラッシュメモリに保存し、それをFMトランスミッターに接続すればいいわけです。

ちなみにUSBフラッシュメモリとは、USB接続のメモリーカードみたいなもので、今やフロッピーディスクに代わる手軽なデータ交換メディアとして広く普及しています。USBフラッシュメモリはとても用途が広いので、パソコン用に一つあると何かと便利ですよ。

車でiPodを聴く・・・。今さらながらちょっと感動です。やっぱりドライブには音楽が一番ですね。

| TREview


コメント

MP3&WMA対応FMトランスミッター iPodを車で聴こう! — 3件のコメント

  1. トランスミッター本当便利ですよね♪
    うちも1Gbメモリプレイヤーと愛用してます。
    ただ。。。
    最初、735円のやつ買ったら、
    これが見事に失敗(´;ω;`)ウッ…
    新たに1.480円の買い、現在使ってます。
    折角付け変えたCDプレイヤーも、
    今では動いてませんw
    HDDのiPodが欲しい今日この頃です(;^_^A

  2. れおんさん、いらっしゃいませ♪
    トランスミッターは便利ですね。自分は今までカセットのやつを使ってました。旧車なので何気にカセットがまだ付いてたりするんですよね(笑)
    自分はCDがくさるほどあるので以前CDプレーヤーが活躍してますが、これからはやっぱMP3になっていきそうです。メモリプレーヤーも1ギガあったら万全ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。