エイミー・マン I am Sam主題歌「Two of Us」

Lost in Space

公式サイト
msn. com」: 試聴

シンガー・ソングライター、エイミー・マン。
1980年代には「Voices Carry(愛のVoices)」で知られるTil Tuesday(ティル・チューズデイ)に在籍、ソロ転向後は一時輝きを失うものの、紆余曲折の末に「Save Me」がヒット、再び表舞台に返り咲きます。「Save Me(試聴 iTunes)」はトム・クルーズ主演の映画「マグノリア」の主題歌に採用された曲で世界中でヒットしました。

アコースティックのフォーキーな音色と人間の内面を描くメッセージ性の高い詩。静かに響くギターと彼女の物憂げな歌声を聴いていると、まるで自分の心の中を見透かされているような気持ちになります。ある意味、自己反証を促すメロディーと言えるかもしれません。

Lost In Space (#35 The Billboard 200)
01. Humpty Dumpty 試聴iTunes
02. High On Sunday 51
03. Lost In Space
04. This Is How It Goes
05. Guys Like Me
06. Pavlov’s Bell
07. Real Bad News
08. Invisible Ink
09. Today’s The Day
10. The Moth
11. It’s Not
12. Two of Us (映画「I am Sam」より) 試聴 iTunes

1曲目「Humpty Dumpty」はメロディー・ラインの美しい曲。月の夜のような雰囲気をまとう一曲で、エイミー・マンの温かな歌声が心に沁みてきます。
12曲目「Two of Us」は映画「I am Sam」のテーマ曲。エイミー・マンは夫のマイケル・ペン(ショーン・ペンの兄)と共にデュエットを披露しています。知的障害がある父親サム(ショーン・ペン)は娘ルーシーを取り戻すべくスターバックスで働く・・・。そんな心温まるストーリーにピッタリの一曲です。

「Save Me」がお目当てなら「バチェラー No.2」がおすすめですが、個人的にはソロ4作目となるこのアルバムを推したいところ。アーティスティックなアルバムが多い彼女にあって、このアルバムは幾分リスナーにも配慮した聴き心地のいい音作りとなっています。また、ジャケットは彼女のお気に入りのイラストレーター、セスによる豪華なブックレット仕様。デザイン的にもおすすめな一枚です。

Melody Selection ベストセラーランキング
イーブックオフ [中古CD・DVD]
Aimee Mann – bounce.com インタビュー


コメント

エイミー・マン I am Sam主題歌「Two of Us」 — 2件のコメント

  1. 初めまして。
    私は、Til TuesdayのころからAimee Mannをしっており、ソロとしてはこの「Lost In Space」から聞き始めたものです。
    なんだかわからないけどこのアーティストに引かれ、CDを集めています。
    今回はレンタルCd店から「マグノリア」のCDを借りて聞いていました。
    映画のなかで用いられた曲を聴いたときもすばらしかったですが、
    今回は最近にはめずらしく、
    歌詞と曲を同時に楽しみました。
    「Save Me」だけでなく、
    「Momentum」「One」「Wise Up」と、
    すべてクオリティの高い曲で、
    聴いているうちに、
    ひさしぶりにCDを聴いて感情がこみ上げることがありました。
    これからAimeeを少し浸ってみようと思います。
    よろしければこれからもよろしくお願いします。

  2. きゅういちさん、はじめまして。
    エイミー・マン、自分もこのアルバムから入りました。実はティル・チューズデイ時代も映画も知らなかったりします。
    ジャケット買いで彼女のことを知って、いろいろ知識を深めて、今ではお気に入りのアーチストとなっています。自分は音楽にアーチスト性はあまり求めないんですが、彼女の音楽は不思議と押し付けがましいところもなく、自然に体の中に入っていきます。やっぱり彼女には不思議な魅力があるのかもしれませんね。
    こちらこそよろしくお願いします。音楽っていいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。