ペンタブレット&お絵かきソフトでイラストを描く!

ペンタブレット、便利です。
パソコンは買った、プリンタも買った。次は何を揃えよう・・・。そんなあなたにおすすめなのが「ペンタブレット」です。

ペンタブレットとは何か?。簡単に言えば「電子ペン」のことです。キーボードやマウスと同じ、パソコンの入力装置の一つです。つまり、この「電子ペン」を使えば、紙に鉛筆で文字を書くようにパソコンを操作出来てしまうのです。

マウスのようにクリックやダブルクリックはもちろんのこと、右ボタンクリックも可能。付属のソフト「PenPlusパーソナル」を使えば、キーボードが苦手な人も手書きで文字入力が出来ちゃったりします。また、Word・Excel・メールに手書きでコメントやイラストを入れることだって出来てしまいます。実に多彩な機能です。

これだけでも十分便利なのですが、ペンタブレット最大の魅力は、なんといってもペンタブレットの筆圧機能を生かした「お絵かき(アートワーク)」と「画像加工(フォトレタッチ)」でしょう。

「筆圧機能」というファジーな機能がついているので、まるで絵筆のように線の太さ、濃淡を表現できます。つまり、水彩画のように自在に濃淡をつけて絵を描くことが出来るのです。また写真加工においても、色や明るさといった写真補正に加え、ペンの利点を生かしたより大胆な加工だって出来ます。例えば人物写真などでの赤目修正や、黒目に光沢を足したり、歯を白く見せたりすることとか。まさに自由自在です。

インターネットで目にするWebデザインやイラスト、街でよく目にする様々なアート・カルチャー、そしてテレビのアニメーション・・・。様々な場面でペンタブレットが活躍しているのです。

そんな便利なペンタブレット。様々なメーカーが多彩なラインナップを揃えています。いざ欲しいと思っても選択に迷うところですが、そんな中でおすすめなのが、ワコム社製のペンタブレット「BAMBOO ART MASTER」です。

このART MASTERモデルのおすすめなところは、プロ御用達のソフト「Photoshop Elements」と「Corel Painter Essentials」が付属しているところです。標準セットに比べ数千円高くなりますが、逆に言えば、わずか数千円でこの2大ソフトが手に入ってしまうのです。両ソフトとも普通に買えば1万円前後するソフトなので、このART MASTERモデルはとてもお得なセットと言えるでしょう。
よく「パソコンで絵を描く」なんてフレーズを耳にしますが、そのほとんどがペンタブレットとグラフィックソフトが揃っていることを条件にしてたりします。ワコムの「BAMBOO ART MASTER」であれば、この条件をすべてクリアできると言うわけです。

ペンタブレットにはA6とA5の入力サイズがあります。ペンタブレットに慣れると言う点では、一番小さいFAVOのA6サイズ(およそ文庫本サイズ)で十分かもしれませんが、「お絵かき」が目的でしたら、一回り大きいBAMBOOのA5サイズを用意したほうが良いかもしれません。(もちろんA6でも絵は描けます。最近Vista乗り換えに伴いA5を買ったのですが、やはりスペースが大きい分、描き込みを細かくできるので描きやすかったです。スペース的にはFAVOのA6のほうが省スペースなんですけどね)

ワコムのペンタブレット、今まではエントリーモデルとして「FAVO」がありましたが、今紹介したBAMBOOの登場により、「お絵かきモデル」の座はどうやらBAMBOO ART MASTERに移行した模様です。また、上位機種として「intuos」シリーズもありますが、こちらは完全にプロ向きですね。

というわけで、これから絵を始めたい方には2大ソフトが添付する「WACOM Bamboo Art Master」モデルが断然おすすめです。絵心のある方や、もっと本格的にお絵かきをしたい方、性能重視の方には「Intuos3 PTZ-630(A5)」がいいかもしれませんね。

お絵かきソフトでアートな生活を楽しみましょう。

□□□
WACOM ペンタブレットホームページ
ワコムのVista向け低価格ペンタブレット「Bamboo」を試す

Hiroshi Yoshii ONLINE Portfolio
天球堂画報


コメント

ペンタブレット&お絵かきソフトでイラストを描く! — 8件のコメント

  1. 僕も、タブレット買いましたよ。。。
    イラストを始めようと思って。。。
    intuos3を買いました。。。
    なかなか快適なのですが、今、調子悪くなって新しいのと交換してもらってる最中です。。。
    まだ、ヘタクソなのですが、ヘタなりに書いたモノを紹介したくなって新しくブログを始めました。。。
    やっぱり、絵を描くのは楽しいですね。。。
    でも、人に見せれる様になるまでにもう少しかかりそうです。。。
    それでわでわ。。。

  2. intuos3ですか。いいですね~。自分はA6のFAVOでせこせこ書いてます。大変です(笑)
    パソコンで絵を描くのは便利ですよね。画材もいらないし、失敗してもすぐやり直せる。おまけに途中で保存も利きますしね。
    姉妹ブログもスマートなデザインで快調ですね。自分も他の話題でブログやってみようか・・・無理っぽいけど。
    イラストUPを楽しみにしてますね。

  3. まだまだこれからなのですが、楽しみですよ。。。
    もっと早くからやっとけば良かったとおもいます。。。ベンリですよね。。。
    買う時に、なかなか微妙な価格設定だったので迷いましたが、店員さんと話し合ってintuos3にしました。。。
    買ってから、しばらくして”ごまめさん”の記事を見たらタブレットが載ってたので、時期的にリンクしていたので驚きましたよ(笑)。。。
    ちょっと質問なのですが、イラストを描く時、Photoshopと、Corel Painter Essentialsどちらを使った方が良いのですか??
    フォト・レタッチはPhotoshop、イラストはCorel Painter Essentialsという感じなのでしょうか??
    なんかどっちもPhotoshopでいけるような気もしますが、Corel Painter Essentialsの方が使い易いし・・・
    助言をお願いします。。。
    PS. やっと明日くらいに帰ってくるので、遊ぶのが楽しみです。。。

  4. ペンタブレットを買ったからにはやっぱりお絵かきですよね。便利なソフトも付いてるし。
    >>フォト・レタッチはPhotoshop、イラストはCorel Painter Essentialsという感じなのでしょうか??
    一般的にはそのような分類だと思います。でもフォトショップでイラストを書く人も多いみたいですよ。むしろ「イラスト」はフォトショップかも。「絵」はペインターみたいな・・・。
    フォトショップでイラストを描く人の多くは「べた塗り&ぼかし」のポスター画やアニメ画って感じかもしれません。フォトショップで本格的な水彩タッチの絵を描く人は少ないでしょうね。
    一方、ペインターを使う人は「油絵&水彩画」のようなタッチのイラストが多いようです。もちろんペインターでもクリアな絵は描けますけどね。中には輪郭線をペインターで描いて(フォトショップよりきれいに描けるみたい)、色をフォトショップで付けるなんて人もいるそうです。さらに上をいく人は手書きの下絵をスキャナーで取り込んでから描いてます。
    フォトショップの使い方はネットで、ペインターの使い方は「吉井宏」さんの本で覚えました。上の本文にリンク付けときましたので、よろしければ参考にしてください。
    自分はフォトショップ派です。絵のテクニックが無いので、べた塗り&ぼかしで濃淡をつけてごまかしています(笑)

  5. なるほどー(納得)。。。
    ありがとうございます。。。
    じゃー、僕もフォトショップを集中してやろうと思います。。。
    がんばろ!!

  6. フォトショップっていろいろ便利ですよね。ブラウザに次ぐ必需品って感じです。
    オイラももっとバージョンアップしたいです。

  7. アフィリエイター必見!!〜WACOMFAVOペンタブレット〜

    アフィリやっている人必見!コレイイかも☆ これで、手書き風や写真のフレームなどが思うように書き込めるという・・・ものすごく簡単で使いやすいソフト(?)周辺機器です。ピンクもあります 参考までにコチラをチェック♪1日1回の応援よろしくお願いします↑ここに登……

  8. タブレットの周辺機器

    (CGを描くには欠かせないタブレットに戻る)最近、デジタルで漫画を描くようになってタブレットで直に線を「描く」頻度が増えてきたせいか、タブレットで線を描く時のズレが気になってきました。ペンがタブレットの上でツルツル滑るので、なかなかキレイな線が引けないので…….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。