郵便貯金、裏技終わる

いつの間にか郵便貯金の裏技が終わってました。通帳見たら利息が100分の1に・・・。
「へ?」って感じでしたが平成17年4月1日から郵便貯金の計算方法が変更されたようです。
ニュースなどで発表されていたそうですが全く知りませんでした。というより本人(日本郵政公社)から連絡無いし・・・。
電話で確認したところ「すでに発表済みです」だって。
「自分で調べなあかんの?」
「申し訳ありません・・・」
まあ法外な利率を払わされてきた郵政公社にとってはアレなんでしょうけどね・・・。
でも我々にとっても今回の変更はやはりアレな訳です・・・。
「なぜ知らせないのだろう・・・?」。
□□□
郵便貯金の裏技がついに終わる! – All About
Blog Ranking


コメント

郵便貯金、裏技終わる — 4件のコメント

  1. >ニュースなどで発表されていたそうですが全く知りませんでした。
    平成16年9月27日に報道発表を行っています。
    受取利子計算時、1円未満切り上げを切り捨てに変更しています。
    よって千円1口の場合、(改正前)1円 → (改正後)0円になります。
    例えば、100万円(千円1000口)の1ヶ月定期の場合、
    改定前は、利子1円×1000口=1000円
    改訂後は、合併預入(○○○円×○口)の郵便貯金を同時に払い戻
    すときには、口数倍後の利子の1円未満の端数を切り捨てます。
    >というより本人(日本郵政公社)から連絡無いし・・・。
    >電話で確認したところ「すでに発表済みです」だって。
    私は通帳ではなく証書にしていますが、半年に1回、郵貯事務センターより
    利子明細が送られてきます。そこに、ちゃんと17年4月より利子計算
    が変更なる旨の記述がありましたよ。
    ちなみに、今まで、利子0円になることはありませんでしたが(貸付弁済は除く)、
    今後は、元金が小さければ、利子0円が発生します。
    よって、利子0円の場合は、今後、通帳に記入されなくなると思います。

  2. そう、発表されてたんですよね。
    やっぱりまめに新聞読まないとダメですね~。
    >>半年に1回、郵貯事務センターより利子明細が送られてきます。
    そうだったんですか・・・。
    ほったらかしだったので気づきませんでした。やっぱりこちらもマメにチェックが必要ですね。

  3. 2回目の書き込みです。
    挨拶が遅れましたが、
    私のホームページへのアクセスログより「郵便貯金の裏技」キー
    ワードでGoogleで検索してきた人がいたので、なにげなく、同じ
    キーワード(4番目に表示)で、こちらのブログにアクセスさせて
    頂きました。ちなみに、私のサイトは9番目に表示されます。
    >やっぱりまめに新聞読まないとダメですね~。
    新聞を読んでいても、ホームページ上でしか公開していない情報
    も多いと思います。
     例えば、私のメインバンクは「みずほ銀行」ですが、
    スキミング対策としてキャッシュカードのIC化を進めています。
    そこでICカードに変更する場合、1,050円(消費税等を含む)
    の手数料が必要となりますが、平成17年9月30日まではいずれの
    ICキャッシュカードの新規発行・切替発行についても、手数料無料
    です。
    この手の情報は、預金者に特に通知は行っていません。
    ペイオフの完全解禁された今、銀行の経営状態を把握しておく意味
    でも、銀行のサイトもマメにチェックした方がいいですね。。。

  4. 「郵便貯金の裏技」って言葉は考えてみると凄い表現ですね。郵政公社はこうした裏技の存在を知っていたのでしょうか。裏技使う人が増えて初めて郵政公社も気づいたとか・・・。
    >>ペイオフの完全解禁された今、銀行の経営状態を把握しておく意味
    でも、銀行のサイトもマメにチェックした方がいいですね。。。
    そういえばペイオフも解禁されたんですよね。やっぱり分散したほうがいいのかな。スキミング被害などは銀行の全額負担が決まったとかいうニュースを聞いたことがあります。
    ICカードの手数料も「知らなかった・・」という人が出るでしょうね。やはり情報は大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。