スモールベースボールの巨人がビッグボールに屈した日

2021年の巨人は自らが目指してきた野球、スモールベースボールが間違っていたと思い知らされた年だった・・・。

2019、2020年とソフトバンクのパワーに圧倒され、2021年の今年は助っ人外国人が早々に帰国したこともあって明らかなパワー不足。岡本がホームラン、打点の二冠を取ったとはいえ、戦略的には長打よりもバントを重視するスモールベースボールだった。

しかし、結局はヤクルトのパワーの前に敗れた。つまり、巨人は3年連続でパワーベースボールの前に屈したわけだ。

大谷翔平の活躍もあって、野球のトレンドは完全にビッグベースボール。パの野球もどちらかといえばメジャー寄りのビッグベースボール。セのチームがいくらバントや盗塁の小技を駆使したところで、パのチームにはなかなか勝てなかったのも周知のとおり。

なのに、巨人は主力の坂本や丸、ウィーラーにまでバントをさせるようなスモールベースボールに固執している。正確には、原監督がその戦略に固執しているのだけれど・・・。

巨人には毎年有望な新外国人が入団している。しかし、日本の野球に順応する間もなく、原監督により見限られている。原監督がバッティングの確実性を重視するあまり、大振りしたりなかなか結果の出ない新外国人を嫌うのが原因だ。今年ヤクルトの高津監督が我慢してオスナ、サンタナを使い続けたのと対照的だ。

巨人が終盤、新外国人を獲得したり、中田を獲得した時は戦略の変化を期待した。が、原監督はその変化を拒み再び旧来のスモールベースボールへと戻ってしまった。そして、クライマックスシリーズで三度パワーの前に屈することになる・・・。

巨人は坂本、丸の両ベテランの衰えでますます力勝負ができにくくなる。チーム力は峠を越えて来年はさらに落ちるだろう。頼みの綱は新外国人バッターのパワーだが、今の原監督が新外国人が日本球界に順応するまで我慢できるとは思えない。

来年、打てないことで原監督はますますバントに固執し、三振や結果の出ないバッターにいら立ちを示すことだろう・・・。今年、丸が結果を気にしすぎるあまりバッティングを崩したように、本来の力を発揮する間もなく2軍落ちやスタメン落ちになるような悪循環に陥らなければいいのだけれど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。