日本の新型コロナウイルス対策は自粛=国民任せ!?

新型コロナウイルスがパンデミック、世界中で流行している。中国やイタリア、アメリカなどへ感染が爆発的に広がるにつれ、先進国を初めとした諸外国は国民に外出制限を課すなど厳しい対策をとっている。

しかし、日本政府、安倍総理は国民に外出制限を命じていない。自粛としてお願いをしているだけだ。自粛として、国民に判断を委ねているだけだ。つまり、外出するのかしないのか、感染する危険を犯すのか犯さないのか、これを「自分で決めろ」と言ってるのと同じことだ。もっと端的に言えば、「自分の命は自分で守れ」と言うことだ。

これは国家として国民の命を守るという義務を放棄しているのでは? 国民の命を軽視してるのでは?

日本政府は中国、イタリア、アメリカの新型コロナウイルスによる惨状を目にしている。対策には強力な外出制限が必須な事も理解している。しかも、この数ヶ月は十分対策を立てる時間があった。なのに、安倍総理は日本で諸外国並みの外出制限が出来るように準備していない。必要な法改正などもしていない。自粛では防げなくなった時、果たしてどうする気なのか? またバカの一つ覚えのように自粛を国民に要請するのか?

日本の新型コロナウイルス対策は他の先進国の比べ、かなり見劣りする。安倍総理も発信力が無く弱々しい。諸外国の首相、大統領のようなリーダーシップも無い。運の悪いことに、日本は今、国の危機を任すには一番向かない人間がトップに立ってしまっている。

日本人は自分の意見を言えない、自分で考えられないなどと揶揄される。それは遠からず間違ってはいない。他人任せで、臭いものには蓋をして見て見ぬふりするところがある。新型コロナウイルスに対しても、どこか他人事。他人任せ。誰かがなんとかしてくれると思っている。日本人の非常識さが顕在化している。日本政府、国家ですら、危機に直面しても国民任せになってしまっているのだから。

これは、普段から政治に目を向けないツケなのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。