マスク再利用の洗い方は中性洗剤とハイター、ブリーチで消毒!?

経産省からお墨付きが出たみたいなのでマスクを洗って再利用してみた。品薄のマスクも3月になれば手に入ると思っていたら全然買える気配が無い。いよいよマスクの在庫が尽きてきた。

新型コロナウイルスはノロウイルス等と違いエタノール等のアルコール、中性洗剤で死滅するので洗い方は簡単。中性洗剤で口などの皮脂汚れを洗い、洗濯の際に漂白剤を入れるようにハイターやブリーチで作った消毒液を振りかけ、あとは水ですすぐだけ。

  1. 洗面器にマスクを置き、スポンジで中性洗剤を泡立て、その泡をたっぷりマスクに落とす。
  2. その泡でマスクを押し洗いし、さらにハイターやブリーチで作った消毒液を振りかけ軽く洗う。
  3. しばらく置いた後、水ですすぐ。

熱湯で消毒する人もいるらしいけど、マスク一枚洗うためにいちいち沸かすのは面倒。新型コロナウイルスはノロウイルス用の次亜塩素酸ナトリウム希釈液で殺菌、消毒出来るのでそれで十分だと思う。もちろん、中性洗剤で洗ってる時点でそれだけで十分だろうけど。

マスクも本当は新型コロナウイルスの症状が出てる人が付けなければ何の意味も無いと思うんだけれど。今のようなマスク不足だと、仮に電車などで周りは皆マスクしてるのに、咳してる人だけマスクが無い・・・なんて状況も出てくる気がする。マスクも本当はそういう人や高齢者、妊婦の人なが優先的に買えるように国が命令すべきだよな。

マスクの再利用は緊急事態の苦肉の策だけど、そうせざるを得ないのだから洗って再利用するしか無い。マスク業界は反対してるけれど、正直黙れって心境。無いんだからしょうがない。相手の飛沫を直接浴びるよりは全然マシだと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。