鈍腕な巨人スカウト陣 新外国人は実績頼り?!

来年、2020年の巨人の新外国人候補にベネズエラ出身の現役メジャーリーガー、ジェラルド・パーラの名前が上がっている。

でも、今年来たビヤヌエバも現役メジャーリーガー・・・。。

嫌な予感しかしない・・・。

巨人はとにかく外国人を穫るのが下手。スカウト陣がダメなのか最終的に決定する監督や代表の目が節穴なのか、とにかく外れ続き。ここまで戦力補強が下手な球団も珍しいんじゃないだろうか。

おまけに見切るのも早い。ビヤヌエバもわずか1ヶ月で使わなくなった。一体何のために現役メジャーリーガーを穫ったのか。その後は迷走が続き、中途半端な実力の日本人選手を使い続けてシーズンが終わった。

そもそも、現役メジャー等の実績にこだわるより、黒人選手かどうかにこだわったほうが良いんじゃないだろうか。これまでセ、パで活躍した外国人の多くは黒人選手だったし、巨人で活躍した外国人もクロマティだった。

スカウトも誰を穫ったらいいか分からないなら黒人選手を選べばいい。変に考えるより、そのほうがよほど正解な気がする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。