東芝冷蔵庫がH71のエラーコード、修理費用は?

10年近く使っている冷蔵庫(東芝製)がついに故障・・・。液晶画面が点滅し、説明書どおりにボタンを押すと「H71」というエラーコードが出た。

取扱説明書に「H71」の解説は無し。仕方なくネットで調べてみると、この故障は結構多いらしい。色々な情報、口コミがヒットした。

東芝製の冷蔵庫に限った話なのかは定かではないが、「H71」のエラーコードはどうやら霜取りセンサーの故障らしい。で、早速サービスセンターに連絡して修理してもらうことに・・・。

最近、東芝は原発事業のニュースで話題になっていたけれど、修理は直ぐに来てくれた。電話で出張費用の概算も教えてくれた。家電修理の出張費用って7,000円ぐらいと思っていたけれど、東芝の場合は2,000円程度の料金しか掛からないらしい。

出張修理の当日、うちに来たサービスマンは「H71」の表示を見て直ぐに霜取りセンサーのことだと理解したらしい。と同時に、「ヒューズが飛んだのでしょう」とも言っていた。

修理は冷蔵庫の色々な部品を取り外し、ヒューズを交換、また部品を組みなおして30分程度で終了した。あっという間。冷蔵庫は後ろから修理するものと思っていた。でも、今は前から修理するみたい。

修理費用は総額で13,000円ぐらい。3万ぐらいはかかると思っていただけに、えらく安く感じた。

東芝の場合、冷蔵庫の部品は9年で終わりらしい。ということで、うちの冷蔵庫は次に故障したらもうダメっぽい。でも、とりあえずあと数年は使えそうで助かった。

それにしても、久々に量販店で冷蔵庫見たけれど、10年近く経っても冷蔵庫の価格ってそれほど変わってないのね・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。