来季のセ・リーグは若返り出来ない巨人、阪神、中日がBクラス!?

2016年、今年のプロ野球は見ていてとてもフラストレーションのたまるシーズンだった。特に巨人ファンにとっては・・・。

去年あたりからセ・リーグは勢力図が変わりつつある。今まではAクラスに入るのは巨人、中日、阪神といったイメージだったが、今はもう広島、DeNA、ヤクルトのほうがチーム力が上に感じる。

ヤクルトには山田、DeNAには筒香、広島には鈴木といった新しい芽が出始めているのもあるが、3チームともレギュラー選手の面々が若返った印象。それに比べ、巨人は阿部、村田、長野、阪神は鳥谷、福留と、いまだにひと時代前の名前がチームの主力にいる。中日に至っては和田の引退で若返りを図るのかと思えば、今年などは完全に助っ人外国人に頼るだけだった。

「若手の台頭に期待」、「チャンスを掴み取って欲しい」

とはよく監督や首脳陣から聞くセリフだが、それでは新しい芽などいつになっても出てこないだろう。

むしろ、DeNA中畑監督が筒香を使い続けたように、ただ新しい芽を待つのではなく、積極的に新しい芽を育てる必要がある。有望な若手を試合に出場させるには、その分のスペースをベテランから奪うことになる。しかし、そういう決断こそ、監督やフロントがやらなければならない最大の仕事だろう。

巨人ファンとしては、高橋監督が来季も阿部、村田、長野を主力として考えているのかと思うと、本当にゾッとする。

栄枯盛衰。巨人は確実に衰退の一途をたどっているように見える。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。