巨人、高橋監督の采配はやっぱり下手なのかもしれない…

巨人の高橋監督。若返りでその采配に期待していたけれど、やっぱり下手なのかもしれない・・・。

とにかく動かなすぎ。菅野が粘り強く好投しているのに、1点取れば勝ちなのに、チャンスの場面でも代打を出さない・・・。ソフトバンクとの交流戦で見せた采配には本当にガッカリした。

7回1対1。巨人は8回表、ワンアウト2塁という絶好のチャンスを作る。しかし、高橋監督はそこまでノーヒットで打率も低い脇谷に代打を送らない・・・。

脇谷は案の定凡打に終わり、さあ、次は代打だろうと思っていると、次の松本にも代打を送らない・・・。

高橋監督には菅野の気持ちが分からないのだろうか

打てない味方打線。それでも強力なソフトバンク打線を7回まで1失点に抑えている菅野智之の気持ちが。

菅野にしてみれば、かなりガッカリな絵だったに違いない。ようやく巡ってきた貴重な得点チャンスで、打席に入っているのが「脇谷、松本」だったのだから・・・。

結果によっては「脇谷、松本」に打たせるのが正解だったかもしれない。しかし、相手ピッチャー、森のストレートの速さを見れば、「脇谷、松本」では非力すぎるのは誰が見ても明らかだった。

松本もあえなく見逃しの三振。手も足も出なかった。

あの場面が全てだった。菅野は8回裏に1点を奪われ、そのまま敗戦投手になる。

打てない巨人。ストレートに弱い巨人打線。打てない打線に関わらず非力なバッターを使う高橋監督。巨人再生の道はかなり難しいのかもしれない。

P.S. 巨人は中日のスカウトを獲得したほうが手っ取り早いのではないだろうか。最近の巨人の新外国人を見ると何故か外ればかり。当りの続く中日とはえらい違いだ。こうまで外れが続くと、いっそのこと目をつむって選んだ方が当たるのでは?とさえ思えてくる。


コメント

巨人、高橋監督の采配はやっぱり下手なのかもしれない… — 3件のコメント

  1. なんで高橋監督は全く打てない脇谷を使い続けるのか、亀井を出さないのか
    チャンスでの代打を出さないのか、だれが考えても不思議でしょう?

  2. ほんとですよね。貴重なチャンスの場面で素人目にも「打てないだろうな」と感じるバッターをそのまま送るなんて・・・。個人的には亀井もそうですけど、大田とか力強いバッターを使ってほしいし、育ててもらいたいです。

  3.  今のテレビ中継の解説者は何も言わないけど、素人の私の眼にも、脇谷・松本に代打を出さなかった場面が、菅野のとき以外にも西武戦だかソフトバンク戦の終盤にありました。全体に、戦う姿勢が乏しいです。その時は、テレビがベンチでイライラしている亀井を映し出してくれました。解説よりカメラマンの方が立派ですね。解説は、野村さんや張本さんの方が高齢だけど良いですね。この話は巨人軍首脳には伝わらないのでしょうか。
     以上、70歳男性よりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。