巨人 高橋由伸監督の采配は我慢型!?

巨人の新監督、高橋由伸と言えば現役時代はイケメンかつプレーも華麗なイメージだった。しかし、監督としての高橋由伸はかなり地味な感じ。前監督の原辰徳は代打、バント、エンドラン、投手交代と、とにかく動く人だったが、高橋監督はそれを反面教師にしているのか、ほとんど動かない。選手を信用しているのか、我慢、我慢、我慢の連続だ。

ファンとして一番もどかしかったのが新外国人のギャレットだった。開幕時はその長打力に期待もしたが、ふたを開けてみれば「ストレートに弱い新外国人」で全くもって頼りない助っ人だった。かといって変化球に強いわけでもなく、打率も低いままだった。

しかし、高橋監督は使い続けた。

次にもどかしかったのが先発ローテーション入りしていた高木勇人と今村信貴。長く巨人を見続けたファンとしては、この二人はどうみても中継ぎクラスのピッチャーにしか見えなかった。事実、二人とも成績は鳴かず飛ばず状態。ストレートで圧倒できるわけでもなくコントロールで圧倒できるわけでもない。相手にしてみれば、きっとアンパイなピッチャーに映ることだろう。

しかし、高橋監督は使い続ける。

巨人ファンとしては、その我慢強さを、もっと才能ある若手の育成に発揮してもらいたいところだ。

巨人ファンなら誰しも「大田泰示」や「岡本和真」、「中井大介」の名前を思い浮かべることだろう。投手と違い、打者は使い続けないことには成長しない。DNAの筒香などがいい例だ。筒香の今があるのは使い続けた中畑監督などの我慢があったればこそ。

ならば、高橋由伸監督には、その我慢強さを「大田泰示」、「岡本和真」、「中井大介」の3名にいかんかく発揮してもらいたい。

中堅やベテランの選手は使い続けたところで今更成績が大きく伸びることはない。しかし、若くて力のある選手は違う。使い続けて初めて大化けするのだから。

P.S. 村田は2番が最適だと思う。なぜなら右打ち&単打に徹しているから。また、長野は下位に置いたほうがいい。なぜなら早打ちで打撃も年々右肩下がりだから。そして、立岡は調子が落ちても使い続けたほうがいい。なぜなら坂本、長野に次ぐレギュラーとなる可能性があるから。

巨人連敗中・・・。高橋監督も我慢限界か?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。