4K8Kテレビの普及でブルーレイはどうなる?


4K Resolution wallpaper 16:9 – Grass / Latente 囧 www.latente.it

 

4Kテレビが意外に買えそうな値段で売っていた。テレビはフルHDが最高画質と思っていたが、もはや4Kや8Kの時代になっているようだ。

政府、総務省も4Kや8Kテレビの普及を本格的に目指すらしい。韓国やアメリカでは既に4Kのテレビ放送がケーブルテレビなどで始まっているそうだ。日本としても、後々テレビを売るためにも韓国やアメリカに遅れをとるわけにはいのだろう。

しかし、ここで1つ問題がある。4Kや8Kのテレビが普及した場合、うちにあるブルーレイディスクはどうなるんだ?ってこと。

この問題は自分にとってかなり切実。コレクションというほどではないが、お気に入りの映画やアニメは全てブルーレイで揃えているからだ。中でも、アニメはわざわざDVDを破棄してブルーレイで揃えた作品もある。そうまでしてブルーレイディスクを買ったのに、近い将来、わずか数年後には、それ等が古い低画質の円盤となってしまうのだ。

4K、8Kのテレビが普及すれば、4K、8Kの映像作品(ブルーレイ?)も発売されるだろう。そうなった時、当然ながらアニメも4Kや8Kにリマスターされるだろう。

もはやブルーレイが低画質で低スペックな映像となることは確実。技術革新の速さは止まらない。しかし、自分としては、ブルーレイは最高画質ではなかったのかよぉ!と嘆きたい心境だ。

かつてDVDからブルーレイにアプコンされたアニメを数多く手にした自分としては、再び4K、8Kにアプコンされたアニメを手にしそうな気がする。ハルヒやマクロス、レールガンにマギカなどが4K、8Kにアプコンされた時、再び買ってしまうであろう自分が怖い・・・。

□□□
次世代放送サービスの普及に向けた取組(4K/8Kの取組を中心に)総務省


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。