4連敗の巨人は世代交代!? 阿部に村田、衰えを見せる”強力打線”

「強力打線」と呼ばれ続けた巨人打線。しかし、その「強力打線」はもう過去のものなのかもしれない。

阪神とのクライマックスシリーズでは4番の阿部、5番の村田があまり機能しなかった。2人はもともとシーズンでも2割5分程度の打率だったので、冷静に考えればそれほど過度な期待はできなかったのかもしれないが、それにしてもひどかった。覇気も迫力もあまり感じられなかった。

原監督は阿部、村田というビッグネームになんとかしてもらいたかったようだが、傍目には、阿部、村田にはもう往年の力は残っていないように見えた。

阿部、村田にこだわる今の巨人打線は見ていて痛々しかった。過去の栄光を引きずっている打線に見えた。

原監督はビッグネームに対する敬意や遠慮もあり、阿部、村田に主力としてのポジションを与えているのだろう。しかし、かつての小笠原のようにそろそろ世代交代を促す時期が来ているのかもしれない。

坂本、長野の伸び悩み・・・。阿部、村田の衰え・・・。3連覇の巨人も、その実情はかなり深刻な問題を抱えているようだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。