浅田真央は金メダルで引退? ソチで大団円の予感!!

キムヨナは怪我をしているらしい。右足中足骨損傷という診断を受け、GPシリーズを不参加、現在はリハビリ中だとか。

2013年のフィギュアスケートGPシリーズは、ソチオリンピックの前哨戦とも言える大事な国際大会。キムヨナはこの大事な大会に出場することなく、いきなりソチオリンピックに出場することとなる。

いくら実績があるキムヨナとはいえ、GPシリーズでその実力を審判員に示せないのは痛いところ。おまけに、怪我明けの久々の大舞台が失敗の許されないオリンピックとなる。

フィギュアスケートはメンタル面が大きく左右する競技だけに、キムヨナがソチで金メダルを獲得することは、かなり難しいことになりそうだ。

一方、浅田真央はソチでスケート人生を終えるべく、今ラストスパートに入っている。引退までの半年間を、全てフィギュアスケートに注ぎ込んでいる感じだ。

浅田真央本人が課題に挙げていた「ジャンプの修正」もGPシリーズ・スケートアメリカで結果を出した。200点越えの高得点はそのジャンプ修正の賜物だろう。また、映像でもスケートにキレとスピード感を感じ、肉体的にも充実している様子だった。

これまでは、どちらかというと浅田真央のソチオリンピック金メダルは難しいと思っていた。しかし、今日のGPシリーズで見せた可憐な演技は、その心配や不安を吹き飛ばして余りあるものだった。

仮にキムヨナがベストであっても、この演技なら勝てそうな気がしてくる。

浅田真央はやはりミラクルマオなのかもしれない。GPアメリカの表彰台は、ソチオリンピックでバンクーバーの雪辱を晴らし、大団円の引退を飾る浅田真央の笑顔を見ているようだった。

□□□
フィギュアスケート 【Yahoo!ニュース】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。