巨人が弱い原因は長野? 低い出塁率は原監督の采配ミス!?

巨人の強さはボウカーによるものだったらしい・・・。ボウカーが怪我で離脱するや、巨人の成績は急降下する。交流戦でも負け続け、そして、ついに原監督の采配、選手起用にも決断の迷いが出始めた。

それにしても、巨人の強さの源が、あのボウカーだったとは・・・。

でも、よく考えてみれば、去年、巨人が日本一になれたのもボウカーのおかげ。ボウカーが吉川からホームランを打たなければ、巨人は日本ハムに負けていただろう。なにせ、巨人のバッターでは吉川のストレートを打てなかっただろうから。

巨人ファンならみな薄々気づいているだろう。そう、巨人の選手は速いストレート、剛速球に弱い。もし対戦ピッチャーが澤村なら、軽々完封を許すだろう。そこそこのストレートなら打てる。しかし、ブランコやバレンティンのように剛速球を打ち返すことのできるバッターは、ボウカー以外にいない。

そこそこストレートに強そうなのは坂本ぐらいで、あとはみなダメ。ストレートに強そうなイメージのある村田でさえ、最近は「エース級のストレートを見事にはじき返した」というバッティングを見たためしがない。

このことは交流戦に入って顕著に出ている。セのピッチャーはみな変化球で逃げるが、パのピッチャーは平気にストレートを投げてくる。よって、打てなくなる。ボウカーのいない巨人打線では、ストレートの早いピッチャーに力負けしてしまうのだ。

原監督は連敗し出してから打順を変えた。ところが、何故か変な具合に打順を変えた。巨人で一番勝負強いであろう坂本を1番に上げ、2割5分も打てない長野を3番に。おまけに、ロペスを下げて誰を5番にするかと思えば、ファンの誰もが「勝負弱い」と思っている村田を5番に上げた。

この選手起用は、ある意味衝撃だったww

そもそも、長野は1番バッターに向いていない。長野は大リーグで言うところのフリースインガー。四球を選ぼうとしないから出塁率が悪すぎる。楽天のジョーンズが2割2分の打率でも出塁率が4割を超えているのに対し、長野は2割4分打ってても出塁率が3割そこそこ。

この差はなんだ? ジョーンズが凄いのか? 長野がダメなのか?

長野は調子が悪いなら四球を選べばいいのに、それもしない。初球を積極的に打ちにいって凡打になっている。バットを振ったところでどうせ打てないのだから、この際、バットを振らなければいいのだ。

出塁率で言うなら、1番は村田のほうがまだマシ。坂本、阿部、ロペスの強力なクリーンナップがいても、長野が出塁できなければ、何のための坂本、阿部なのかが分からなくなる。宝の持ち腐れだ。

巨人ファンとして思う。原監督はいつまでこのぬるま湯のような采配を続けるのだろう。はっきりいって采配がおかしい。まるで、戦力にならない選手にまで査定チャンスを与えているような采配だ。

ファンとしては、そろそろワタツネ会長の天の声が聞きたいところ。そうすれば、原監督も選手も、いい加減、尻に火がつくだろう。

巨人がV9時代のようになるには、やはり監督は落合博満がいい。岩瀬を見限った彼なら、巨人でも戦力にならない選手は使わないだろうから・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。