体臭、加齢臭予防は石鹸より酵素で消臭?

夏はもちろん、1年を通して気になるのが体臭や加齢臭などの体の匂い。スポーツで汗をかいた後だけでなく、特に運動もせず普通に生活しているだけでも、汗は多い人で1リットル近くもかくのだとか。

体臭や加齢臭の予防には、毎日の入浴や、殺菌作用の高い石鹸による殺菌・消臭が効果的。中には、デオドラントスプレー、クリームなどの制汗剤を使っている人もいるだろう。クールビズ効果もあって、今、女性だけでなく男性のエチケット意識も高まっているようだ。

そんなデオドラント意識の高まりの中、最近注目されているのが「酵素」の力。酵素といえば漬物やぬか漬け、味噌などの発酵食品が思い浮かぶけれど、酵素は何も食べることばかりが目的ではなく、酵素の力を借りることにより、体臭や加齢臭の消臭・予防を目的にした使われ方もされている。

つまり、酵素の分解力で、加齢臭や体臭の臭いも分解してしまうというわけ。

よく洗濯洗剤のCMなどで「酵素の力」と聞くけど、それは衣類の汚れや臭いの分解に酵素が大いに役立っているから。つまりは、体臭や加齢臭の原因が脂質であれ、タンパク質系であれ、糖類であれ、何れもリパーゼやプロテアーゼ、アミラーゼといった酵素が分解してくれるというわけ。

加齢臭や体臭の予防に香水をつける人がいるけれど、そんなものをつけて匂いを誤魔化すよりは、臭いの元を断つほうが断然健康的だと思う。

ちなみに、体臭や加齢臭の消臭・予防には、酵素のスプレーやデオドラントなどの制汗剤を、首元やわきの下につけるのが効果的らしい。

また、酵素のデオドラントスプレーであれば、原料が100%植物性の天然酵素なので、健康や肌荒れの心配もない。石油系の洗剤や界面活性剤を使っていないので、エコや健康に配慮する人にはまさにうってつけのデオドラント、制汗剤と言えるかもしれない。

□□□
用途で選ぶ酵素 環境工研


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。