巨人の弱さは原監督の采配に原因!? 次期監督候補は落合?江川?

巨人が強くなるには原監督の解任が必要だと思う。ヤクルトとのクライマックスシリーズを見てて心底そう思った。次期監督候補には江川卓などの名前も挙がっているようだし、新監督の候補にはそう困らないんじゃないかな。

第1戦で沢村に代えて高木を出した時は目を疑ったよ。高木は敗戦処理に使うようなピッチャーだろ・・・って。ヤクルトのように先発ピッチャーを惜しげもなく投入するならまだしも、何故に高木?って感じ。シーズン中、散々打たれて痛い目を見てきたのに、ここ一番って場面で高木ってどういう采配よ。

あの采配を見て、原監督はもうノレテナイと思った。自分で辞任しないなら解任すべきだよ。

あともうひとつ、どうしても気にくわない采配があった。それが古城と寺内のスタメン起用。セカンドの藤村が怪我だからどちらかは使う必要があったかもしれないけど、何故に両方使う?って感じ。古城は2戦目でヒット3本打って結果オーライだったけど、寺内は予想どうり打撃の駄目っぷりを披露してくれた。

ただでさえ打てない打線に何故にああいうひ弱なバッターを入れるのかが理解できない。小笠原をサードに回せばファーストに高橋由やサブローが使えるのに・・・。あるいは、不可解な2軍落ちしているフィールズなどをサードに使ったほうが、ヤクルトにとってはずっと嫌だったはず。

怖さの無いバッターではピッチャーはビビらんよ。

巨人のピッチャーが中日のブランコにビビりまくっていたのを、原監督は散々ベンチで見ていたはず。なのに、どうしてそういうバッターを使わずにああいう見下されるバッターを使うかな・・・。

巨人は中日のようにはいかない。細かい守りの野球をしようったって所詮無理な話。中日にはいやらしいバッターの荒木や井端、ここ一番って時に何故か打つ森野やブランコなどがいるからそういう野球が成り立つのであって、巨人のように「いやらしさ」を感じさせる打者がいないチームでは、そういう細かい野球は成り立たない。

そもそも、巨人はフロントにそういう「いやらしさ」を感じさせる頭脳がいないように感じる。チーム作りにもあまり計画性が無い感じだし。監督の選任も特定の人物が決めてるし、選手の補強もサブローや高橋のトレードのように場当たり的なものが多い。

期せずして、落合博満が中日の監督を退き、フリーになっている。ここは恥も外聞もなくし、次期監督として落合博満に監督をお願いしてみてはどうだろう。落合監督が巨人を指揮すれば、巨人は再び黄金時代が訪れるような気がする。

早々に監督を見切った阪神と、ダラダラと同じ過ちを繰り返す巨人。阪神のほうがよっぽど強くなろうとする意思を感じる。巨人も采配のミスが目だつ監督はそろそろ見切るべきで、落合監督が駄目なら、かねてから巨人の監督を熱望している江川卓でも良いと思う。江川卓のほうが、ピッチャー出身なだけに継投ミスも少ないだろうし、何より、チームに新しい風を持ち込んでくれると思う。

次期新監督候補には色々な名前が挙がると思うけど、ぜひとも人気だけではない人選をして欲しいと思う。


コメント

巨人の弱さは原監督の采配に原因!? 次期監督候補は落合?江川? — 2件のコメント

  1. 全く同感 第一戦で高木をコールした瞬間負けを覚悟しました。普段駄目な選手がなぜビックゲームで活躍できると思うのだろうか。シーズン中も不可解な采配が多すぎるのでもう限界かなとおもっています。江川は多分いい監督になると思います。

  2. コメント、ありがとうございました。自分も江川監督を見てみたいです。「江川監督」なら人気の面でも見劣りしないだろうし。が、原監督はG会長のお気に入りらしいので当分続くのでしょうね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。