コクリコの意味はフランス語でひなげしの花!

映画「コクリコ坂から」。言わずと知れたスタジオジブリの新作アニメだが、この「コクリコ」という言葉の響き、そして映画のタイトル、実にインパクトがあってスマッシュな印象だ。

ところで、コクリコ坂の「コクリコ」ってどんな意味?と思ったところ、「コクリコ」とはフランス語で「ひなげし(虞美人草)」の意味なんだとか。ということは、コクリコ坂とは、ひなげしの花が咲く坂道?って意味にもとれるわけだ。

フランス語教室の「カルチェ ラタン」さんによれば、「コクリコ(Coquelicot)」の言葉には、フランスの国鳥でもある雄鶏の「Coq(コック)」と、その鳴き声の「Cocorico(ココリコ)」が言葉遊び的に隠れているのだとか。そして、そんな意味もあってか、フランス国旗には「ひなげしの赤」が使われているのだとか。

そういえば、コクリコ坂の舞台となった横浜元町(元町公園)にも、フランス人商人ジェラールが作った水屋敷や煉瓦工場があったので、コクリコ坂もそういうタイトルをつけるあたりに、横浜とフランスとの関係、歴史を意識してるのかもしれない。

とはいえ、ジブリの映画「コクリコ坂から」のコクリコは、関連記事にあるようにレストラン「コクリコ」からとったもの。もっとも、お店は純粋に花の名前からコクリコと名付けたのでしょうが。

ちなみに、コクリコ坂には主題歌「さよならの夏〜コクリコ坂から〜」の他に、挿入歌の「上を向いて歩こう」や「白い花の咲く頃」など懐かしい曲が流れている。その意味では、アグネス・チャンの「ひなげしの花」が流れても結構タイムリーだったんじゃない?なんて思わなくもない・・・(´・ω・`)

スポンサーリンク



□□□
コクリコ坂は横浜が舞台! 坂の場所はどこ?代官坂?紅葉坂?【関連記事】
コクリコ坂から、原作漫画には坂のモデルになった場所があった!【関連記事】
手嶌 葵、ジブリ新作『コクリコ坂から』の世界観をまとめた歌集アルバムを発売 【BARKS ニュース】


コメント

コクリコの意味はフランス語でひなげしの花! — 3件のコメント

    • つまり「コクリコ」の意味は、純粋にはフランス語で「ひなげし(虞美人草)」ということです。ですが、関連記事にあるように、ジブリ映画の「コクリコ坂から」の「コクリコ」は、ひなげしを意識したり鶏の鳴き声を意識したものというよりは、原作漫画の打ち合わせに使っていいたお店「コクリコ」が由来なようです。もっとも、そのお店はフランス語としての「コクリコ」をお店の名前に使用したのでしょうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。