WBC韓国戦 日本のバッターはストレートが苦手?

WBCの韓国戦、日本のバッターは韓国のピッチャーが投げるストレートを全然打てなかったね・・・。

最初の対戦ではキムなんたらのスライダーを狙い打ちしてKOしたけど、次の対戦では元メジャーのなんたらって左腕のストレートを全く打てなかった。韓国のバッテリーは前日に変化球を狙い打ちされたもんだから、この日はストレート攻めをしていたのは明らかなのに、日本のバッターは知ってか知らずか相変わらず変化球狙い・・・。そして村田はチャンスで詰まってファーストファウルフライ・・・。

これって日本の戦略?それとも力負け?

日本はシーズン前でバッターの調子が上がっていないから変化球狙いにした・・・ともとれるけど、WBCにやる気マンマンだった侍ジャパンの面々が、合宿まで組んでおきながら「この時期に速球を打つのは難しい」は無いと思うんだよね。

それとも、今後のことを考えて韓国のバッテリーに「日本は変化球を狙っている」と思わせたかったのか? だとしたら凄い策士だとは思うけど、たぶん相手のストレートの勢いに押されたんだろうね。

日本のバッターは普段から速球を打っていない?

日本のプロ野球って、今や変化球全盛の時代だと思うんだよね。ダルビッシュのような150キロを投げるピッチャーでも、決め球はスライダーだったりするし、フォークボールを投げるピッチャーもかなりいる。となると、バッターも自然と変化球を狙うようになり、本当の意味での“速球”を弾き返す機会が少なくなっている。普段のバッティングが変化球対応だから、真正直にストレートをガンガン投げられると、「ちょっと対応できないよ・・・」みたいな。

WBCにはストレートに強いバッターが最適

WBCではほとんどが初対面の選手(ピッチャー)との対戦になるわけだから、それに対するバッターは常にストレート待ちするようなバッターのほうが良いような気がする。変に変化球にも備えているようなバッターだと、肝心の場面で村田のようにストレートに振り遅れる。

あとは核となる4番の安心感。ヤンキースの松井が出ていれば全然違ったんだろうけど、個人的な意見では、阪神の金本が出ていてもかなり違ったと思うよ。稲葉や村田も良いかもしれないけれど、大黒柱としては、金本のほうが全然ぶっ太い気がするんだよね。

□□□
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC) 【Yahoo!ニュース】


コメント

WBC韓国戦 日本のバッターはストレートが苦手? — 2件のコメント

  1. こんばんは。
    俺はやはり左対策として、右バッターが手薄なのが気になります。なんで左ばかり選んだのかが不思議でした。個人的にはカープの栗原を5番か6番にすればよかったのにと思ってます。
    キューバのあの左投手はすごいのでちょっと打てなさそうです。

  2. 日本、今日はキューバに快勝でしたね~。
    今度は韓国戦ですし、相手はまたもや左腕。確かに右のバッターが欲しいところですね。栗原は4番はともかく、メンバーには残ると思っていたんですけどね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。