WBC韓国戦 チャンスに強い稲葉とチャンスに弱いイチロー・・・

WBCで思うこと・・・。韓国が日本に対し敵意むき出しに戦うのは、実はイチローの挑発的な発言にあるんじゃないのか?

そもそも、イチローが韓国に対して「野球人生で最も屈辱的な日」とか、「向こう30年は日本に手は出せないと思わせたい」なんて発言をしたのが間違い。韓国にしてみれば、さして実力差もない日本にそんな発言をされる云われはないはずだ。

弱い犬ほどよく吠える・・・とはよく言ったもので、イチローもどこかそんな気の弱いところがあるのかもしれない。WBCでチャンスにことごとく打ち取られているイチローを見ていると・・・ね。

本場アメリカの選手だって日本に対してそんな蔑む発言はしないぜ。

そんなイチローと対極にいるのが侍ジャパンの4番、稲葉篤紀。この人、寡黙だけど凄く勝負強いんだよね・・・。イチローも打っていればいくらかマシだったんだろうけど、こうもチャンスに弱いと、口の悪さだけが目立ってくるw

イチローとは違い、黙々と自分の仕事をこなす稲葉。その稲葉の「寡黙さ」が、とてもスポーツマンらしくて清清しい。まるで、稲葉がバットを通し、イチローに「黙って打てよ」と忠告しているようだ。

□□□
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC) 【Yahoo!ニュース】

TREview すごい


コメント

WBC韓国戦 チャンスに強い稲葉とチャンスに弱いイチロー・・・ — 3件のコメント

  1. やっぱり稲葉だ百にn(ry・・・ゲフンゲフン
    今日のアメリカ戦では同点の2回、逆転の4回。
    どちらも最初の打席は稲葉が塁に出てから始まりましたね~。
    イチゴローなんか、その4回の打線爆発中にすら
    一人だけ打てなかったり・・・
    最後の打席でようやくヒット出て得点に絡めましたけど
    30年は韓国に負けない勢いを
    明日の決勝では見せてもらいたいものですなw

  2. イ、イチゴローww
    イチゴローは明日ぐらい活躍してほしいところです。それにしても、アメリカといいベネズエラといい日本の大リーグ組といい、世界のトップを自負する連中はやはり調整不足なんですかね・・・。WBC主催してるなら本腰入れてほしいんですけどね・・・。
    明日はまたあの左腕らしいですね・・・。あの左腕に言いたい・・・これ以上アピールすると、日本の球団はもうオマイを獲らないぞ・・・とw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。