フィギュアに学ぶプレッシャー克服法 苦しいのは自分だけじゃない!

フィギュアスケートってもの凄いプレッシャーのかかるスポーツだと思うんだよね。他のどんなスポーツよりも・・・。

例えばジャンプ。フィギュアの演技の中では、色々な種類のジャンプを何回も飛ばなければならないんだけど、これがまた技術的にとても難しい。なにしろ氷の上でクルクルクルと回転して、無事着氷しなければならないのだから・・・。どんなに練習した選手でも、その成功率はフィフティー・フィフティー。つまり五分五分ってこと。しかも、そんなジャンプを演技の中で何度も飛ばなければならない・・・。

おまけに演技の中でジャンプに失敗、転倒しようものなら、たちまち優勝争いから後退しかねない。しかも、演技は本番一回限りの真剣勝負・・・。選手にしてみれば、「自信ないけど大丈夫かな…」とか、「ジャンプは残りあと1回。成功して!」って感じ。想像しただけでも心臓バクバクものだけど、もし、そんな大会が、世界選手権やオリンピックのような大舞台ともなれば・・・。

そんなフィギュアの世界で戦っている女子の2強。浅田真央キム・ヨナ選手の感じているプレッシャーは、ほんと、もの凄いプレッシャーだと思う。お互い実力も拮抗していて、小さなミス、転倒でさえ勝敗を左右してしまうんだから。

でも、浅田真央選手にしても、キム・ヨナ選手にしても、そんなプレッシャーはきちんと克服してしまうんだよね。まだ二十歳にもなっていない少女なのに・・・。オレなんか、ちょっとしたプレゼンでさえビビってるんだぜ。ほんと、恥ずかしいよ。

プレッシャーの克服法って、それこそ人それぞれなんだろうけど、フィギュアスケートという重圧のかかる世界で生きている選手の言葉って、やっぱりとても説得力があると思うし、一般ピープルの俺たちにも、プレッシャー克服のヒントになると思うんだよね。あるインタビューで、浅田真央さんがこんなことを言っていたんだ・・・。

(緊張してるかもしれないけど) みんなも緊張してるから

個人的には、この言葉にピンときたんだ。実際、自分の実生活の中でも大いに参考になってる。緊張してるのは自分だけじゃない。苦しいのは自分だけじゃない・・・ってね。

緊張する緊張しないは、他人の目を気にしたり、比べたりするから緊張してしまうところもあると思うんだよね。でも、隣のあの人も、隣のあの子も緊張してるんだと思えば、不思議と心が穏やかになってくる。苦しいのは自分だけじゃないんだ。もっと緊張している人がいるんだって思えてね。

フィギュアスケートの2008年を締めくくるグランプリファイナルで、浅田真央選手が僅差でキム・ヨナ選手を抑えて優勝! キム・ヨナ選手も重圧のかかる母国韓国での開催にも関わらず、本当に見事な銀メダルでした。この2人、ほんと、ただものではないです。最強にして最高の美少女って感じ。

真央ちゃん、キム・ヨナさん。「ありがとう!」って感じだよ。

□□□
フィギュアスケートトピックス 【Yahoo!ニュース】
フィギュアスケート特集 【nifty スポーツ】

浅田真央 Mao Asada
荒川静香 Shizuka Arakawa
中野友加里 Yukari Nakano
安藤美姫 Miki Ando
武田奈也 Nana Takeda
村主章枝 Fumie Suguri

高橋大輔 Daisuke Takahashi
織田信成 Nobunari Oda

アシュレイ・ワグナー Ashley Wagner
カロリーナ・コストナー Carolina Kostner
スルヤ・ボナリー Surya Bonaly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。