新型インフルエンザ予防にはN95マスクとゴーグルが有効らしい

新型インフルエンザの予防には、一般に売っているサージカルマスクよりも、N95マスクという医療用の特別なマスクが有効らしい。もっとも、インフルエンザが流行している間は外出しないのが一番らしいけどね。

最近はテレビのインフルエンザ特集の影響もあってか、マスクの売れ行きが凄いらしいです。自分もご他聞に漏れずで、マスクをネット経由で購入。でも、N95なんてマスクは知らなかったので、普通のサージカルマスク(ディフェンダーマスク)を購入。しかも150枚・・・。ちょっと痛恨です。

もっとも、病院の先生に言わせれば、新型インフルエンザの患者でごったがえしている病院の待合室にでも行かない限り、N95マスクのような専門マスクは要らないらしいです。まあ、作ってるメーカーにとっては注文殺到してウハウハなんでしょうけどね。

あと、新型インフルエンザのような強力な感染力を持つ細菌は、なんと、目の粘膜からも感染するのだとか・・・。本当かよ?って話だけど、テレビの再現VTRなどでもゴーグルをしているので、まあ本当なのでしょう。よって、写真のような無気孔型のゴーグルが必要になると言うわけ。

もっとも、これも病院の待合室や電車のような閉鎖空間でない限り、必要ないとは思うけどね。ちなみにこれ、眼鏡の上からでも装着できるので、まあ便利です。一般的には、普通の眼鏡や花粉症用のメガネでも十分らしいです。

また、最近インフルエンザ対策で話題となっているのが、正露丸でお馴染みの大幸薬品が発売した「ウィルシールド」という除菌ゲル・スプレー。なんでも、部屋にポンと置くだけで、風邪ウイルスはおろか、新型インフルエンザをも除菌してくれるのだとか・・・。(詳しい使い方はこちらの動画で)。

このウィルシールド、なかなかタイムリーな感じです。服にシュシュッとできないのが難点ですが、消臭剤がわりにもなるらしいです。部屋の乾燥対策とあわせて、部屋に1・2個に置いておくといいかもしれませんね。

□□□
新型インフルエンザ 個人でできる対策 【厚生労働省】
住まいのインフルエンザ予防&対策2008 【All About】
インフルエンザ・風邪のひき始めにはエキナセア!【All About】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。