ビリー・レイ・サイラス アメリカで人気のカントリー!!

Some Gave All

公式サイト
msn. music」: 試聴

カントリー界に突如現れたキュート・ガイ、ビリー・レイ・サイラス。カントリーに関心の無かったティーンエイジャーの間でブレイク、アメリカ音楽界に一大センセーショナルを巻き起こしました。

アメリカ、ケンタッキー州フラットウッズの出身。ナッシュヴィルで歌い始めたのは遅く20代になってからで、92年にマーキュリーより衝撃デビュー、それまでアメリカチャートを席巻していたラップ勢を押しのけて堂々全米ナンバーワンに輝きます。ティーンエイジャーに占拠されていたビルボードを奪還、それまで苦い思いをしていた多くのミドルエイジャーから喝采を浴びたのでした。

Some Gave All (#1 The Billboard 200)
01. Could’ve Been Me (#2 Hot Country)
02. Achy Breaky Heart (#4 Hot100) 試聴iTunes
03. She’s Not Cryin’ Anymore (#6 Hot Country)
04. Wher’m I Gonna Live? (#23 Hot Country)
05. These Boots Are Made For Walkin’
06. Someday, Somewhere, Somehow
07. Never Thought I’d Fall In Love With You
08. Ain’t No Good Goodbye
09. I’m So Miserable
10. Some Gave All (#52 Hot Country)

02曲目「Achy Breaky Heart」はデビューシングルにして、ポップチャートでも4位を記録したヒット曲。こういう曲を向こうではセクシーと言うらしいです。
03曲目「She’s Not Cryin’ Anymore」は哀しい旋律が印象的なバラード。彼女の大切さが分かった時にはもう彼女は新しいほほ笑みを浮かべていた・・・といった内容の歌。
07曲目「Never Thought I’d Fall In Love With You」はちょっぴりホンキートンクの香りがするロックンロール。スピード感あるメロディーとパワフルなヴォーカルが印象的です。

普段は礼儀正しいシャイな青年も、ひとたびステージに上がれば多くの女の子を卒倒させるプレスリーばりのカッコよさ・・・。

湯川れい子さんも推す甘いルックスのジェントル・ガイ、それがビリー・レイ・サイラスです。

Melody Selection ベストセラーランキング
イーブックオフ [中古CD・DVD]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。