原史奈と山口馬木也の水戸黄門

久しぶりに見た水戸黄門。するとなにやら初見の登場人物が・・・。

→「水戸黄門 第35部オフィシャルサイト

水戸黄門役の里見浩太朗さんは存在感たっぷり。助さん(原田龍二)・角さん(合田雅吏)は若いなあといった感じ。由美かおるさんって「お銀」じゃなかったけ?と内心つっこみを入れながら見ていると、なにやら見知らぬ登場人物が・・・。

「風の鬼若」こと照英さん、「よろず屋の千太」こと三波豊和さん、「夜叉王丸」こと山口馬木也さん、そして「北斗の桔梗」こと原史奈さん等がそうで、どうやら水戸黄門も世代交代が進んでいるようです。うっかり八兵ヱ(高橋元太郎さん)、車の弥七(中谷一郎さん)、柘植の飛猿(野村将希さん)等、お馴染みのキャラクターは出演していませんでした。

新たな登場人物で目を引いたのが、「夜叉王丸」こと山口馬木也さんと「北斗の桔梗」こと原史奈さん。

水戸黄門といえば忍者。男忍者は弥七(中谷一郎)、女忍者は「由美かおる」が当たり前でしたが、もしかしたら一連の役者入れ替えの中で、中谷一郎さんに次いで由美かおるさんの交代もあるのかな?なんて思ったりも。今回のスペシャル・ドラマを見てたら、どうもそんな感じがしてきました。

飛猿(野村将希)の後を継ぐのが風の鬼若(照英)だとするなら、弥七(中谷一郎)の後を継ぐのが夜叉王丸(山口馬木也)で、お銀・お娟(由美かおる)の後を継ぐのが桔梗(原史奈)なのかも・・・。今シリーズに登場させているのも、もしかしたらその伏線なのか・・・なんて。

二人とも衣装からしてかなりの「傾奇者」。水戸黄門では有り得ないような設定なので、レギュラー化は無いのかも知れませんけどね。

□□□
里見浩太朗 ホームページ


コメント

原史奈と山口馬木也の水戸黄門 — 2件のコメント

  1. 水戸黄門にオフィシャルサイトがあったんですね!!
    僕は、やっぱり里見浩太朗は”助さん(たしか)”というイメージがあるから、黄門様というのはなんだか抵抗あります。。。
    最近も、再放送などをたまに見るのですが,お銀にはいつまでたってもお色気シーンがあるのがちょっと笑えました。。。
    残念ながら、今のはあまり見てないので登場人物がいまいちわからんですねー。。。

  2. そういえば里見浩太朗は助さんでしたね。幾つなんだろう。もうそんな役をやる歳なんでしょうかね。
    お銀のお色気シーンは多分ずーっとあるでしょうね。ある意味水戸黄門の定番となってますし。
    水戸黄門に照英さんが出てるとは思いませんでした。でも槍投げ選手だった訳だし、忍者は天職なのかも・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。